取り組み活動 の紹介

豊な農業・農村を守るために

農業・農村は食料の安定供給はもとより、国土や自然環境の保全、伝統文化の継承など毎日の県民生活にとって欠くことのできない重要な役割を果たしています。豊かな農業・農村を次世代へ適切に引き継ぐため、その重要性について広くPRし、保全に向けてさまざまな人たちの理解と協力を得られるよう、地域活動や広報活動、環境教育などを行っています。

ふるさと探検隊

都市の小学生や父兄の方々を対象に、農業・農村の役割や重要性を再認識してもらえるよう、満濃池や豊稔池、香川用水など香川県を代表する農業水利施設を巡るバスツアーを企画しています。

ふるさと探検隊1 ふるさと探検隊2

水土里の路ウォーキング

小学生やその保護者を対象に、ため池や農業用水路などの土地改良施設が果たしている役割や歴史を学んでもらう親子ウォーキング大会です。

水土里ウォーキング1 水土里ウォーキング2

ふるさと水と土保全対策事業

棚田地域や中山間地域の農地や土地改良施設が持っている多面的機能やこれらによって保全されてきた「水と土」を評価し、将来にわたってこれらを保全・整備していく地域住民の共同活動を支援しています。

ふるさと水と土保全対策事業1 ふるさと水と土保全対策事業2

環境に配慮した事例

今、農村では農業従事者の高齢化や減少が進行するとともに、昔どこでも見ることができたメダカやトノサマガエルなどの生きものが減ってきています。私たちは、農村の環境を守るために様々な活動に取り組んでいます。

環境に配慮した事例1 環境に配慮した事例2

農村景観写真コンテスト

棚田やため池などからなる農村のすばらしさを再発見し、その理解を深めるために、写真コンテストを実施しています。

農村景観写真コンテスト1 農村景観写真コンテスト2

研修

「農家組織によるため池を利用した地域の水管理」

研修 写真
香川県が厳しい水事情から得た技術力を生かして、アジア・アフリカ地域の水管理の技術者に対して、研修を行っています。

ページの先頭へ