香川の魚目次 次ページ
オニオコゼ
 オコゼといえば、普通は背びれに猛毒をもち、押しつぶされたような顔のオニオコゼを指します。他にもカナオコゼ、キンギョなどと呼ばれ、小型で背びれなどに毒を持ち、漁業者や釣り人に嫌われ物のハオコゼなどもいますが、あまり食用とはしません。
 ウロコはなく、普通は黒色ですが、黄色や赤褐色のものもいます。全長30cm近くになりますが、成長は遅く、漁獲サイズになるのに3年以上かかります。アマモ場や磯近くの砂泥底に住み、海底をはうように泳ぎ、砂によくもぐります。水から揚げても、わりと長時間生きており、写真のように静かにじっとしていますが、さわると背びれを持ち上げて体をくねらせてくるので、安易にさわるのは禁物です。
 昔はたくさんとれたオコゼも最近は少なくなりました。白身で脂肪が少なく淡白。味はいたって美味で、年中高値で取り引きされます。活け造り、空揚げ、味噌汁など、オコゼ料理が看板になるほどの高級料理となりました。
 このようなことから、西日本各地で種苗生産も行われていて、県栽培漁業センターでも研究を進め、平成15年度から本格的な放流ができるようになりました。
 手軽に食べられるようになるには、まだ時間がかかりそうですが、最近は背びれをのぞいて店頭に並んでいることも多く、家庭でも調理しやすくなっているので、たまには、オコゼをまるごと堪能してはどうでしょうか。
オコゼ刺身
オコゼ
標準和名 オニオコゼ
地方名 オコゼ、ホンオコゼ
分類 カサゴ目オニオコゼ科
分布 アマモ場や磯近くの砂泥場
産卵  6〜7月
オニオコゼ成長
オコゼ漁期と市場価格
オコゼ漁獲量
漁法 底びき網、さし網
料理 刺身、空揚げ、味噌汁