香川の魚目次 次ページ
トラフグ
 フグの中で、一番の高級魚はトラフグ。胸びれのそばに大きな円に近い斑紋があり、しりびれが白いのが特徴です。フグのなかでも成長が速く、大型になります。最近は、全国的にも漁獲量が減少し、ますます高級魚となってきました。
 産卵は流れが速い粗い砂の海底で行われ、備讃瀬戸は絶好の産卵場です。春の彼岸を過ぎたフグは昔は値打ちがなかったのですが、冷凍技術が発達したことで価格が上がり、産卵に集まる親フグを争って漁獲したり、小さな稚魚にもそれなりの値段がつくので、親子とも乱獲したことなどが、県内の資源減少の要因と考えられます。しかし、サワラのような資源回復への機運があがっていないのが現状です。
 養殖も行われていますが、技術的に難しい点も多く、タイやヒラメのように、手軽に高級料理の味を堪能できるほどの生産にはいたっていません。
料理 てっさ、てっちり、天ぷら
トラフグてっさ
トラフグ
標準和名 トラフグ
地方名 トラフグ、オオブク、オオフグ
分類 フグ目フグ科
分布 4〜5月瀬戸内海に入り込み、産卵後外海に出る。稚魚は内海で成長し、多くは外海へ移動するが、一部は県内で越冬する。
産卵  4〜5月 潮流の激しい粗砂底に産み付ける。
トラフグ成長
トラフグ漁期と市場価格
漁法  底びき網、込網
トラフグ養殖生産量