香川の魚目次 次ページ
アブラメ(アイナメ)
  アブラメは黄色から褐色味をおび、複雑な模様の体色をしています。側線が5本走っているのが特徴です。
 よく似た種類にスゲ(クジメ)がいますが、アイナメほど大きくならず、側線が1本なので、慣れれば容易に区別できます。
 岩の表面などにかためて卵を産み付け、他の魚の餌とならないように雄親が保護します。
 古くから資源の多い兵庫県などから天然稚魚を導入し、移殖放流が行われてますが、暑さに弱い魚で、平成6年夏の異常高水温で、資源が大きく減り、現在でもあまり回復していません。
 主に冬から初夏にとれますが、産卵期の冬には身がやせます。身が太る春から初夏が旬です。
 刺身をはじめ、塩焼き、煮付けなどにします。スゲはアブラメより味は落ちますが、空揚げなどにするとおいしくいただけます。
料理 刺身、塩焼き、煮付け
アブラメ刺身
スゲ(クジメ)
アブラメ
標準和名 アイナメ
地方名 アブラメ、アイナメ
分類 カサゴ目アイナメ科
分布 沿岸の岩礁域、砂れき底
産卵  11〜12月 岩の表面などに産み付ける
アブラメ成長
アブラメ漁期と市場価格
アブラメ漁獲量と漁法
スゲ
標準和名 クジメ
地方名 スゲ、イタチ、ツムギ、アイナメ
分類  カサゴ目アイナメ科
分布 沿岸の岩礁域、砂れき底
アイナメよりやや浅いところに多い
産卵  アイナメに同じ