香川県の水産業

香川の水産業
スタイルシートが無効→ 文字の大きさ:  
トップページ > 栽培漁業とは

□栽培漁業とは

自然環境下で生まれた魚介類は、卵から稚魚の時期にその多くが失われます。

栽培漁業では、最も数の減る卵から仔魚期の飼育(「種苗生産」といいます)と、自然環境下で生き延びる力が高まる稚魚から幼魚期の飼育(「中間育成」といいます)を人の管理下で実施し、その後の成長に適した水域へ放流して、天然資源へできるだけ多くの加入を促します。そして、放流魚と自然に生まれた稚仔魚は漁業者が資源管理を行い、漁獲に適した大きさに成長した魚を漁獲します。

香川県では、クルマエビヒラメタケノコメバルキジハタの種苗生産を行い、漁業協同組合などへ配付して放流を実施しています。また、瀬戸内海海域栽培漁業推進協議会から配付を受けたサワラ種苗を、中間育成して放流しています。

その他に、アイナメアサリオニオコゼなども漁業者団体や市町が事業主体となって放流しています。

放流魚の一部には標識を付け、種苗放流効果の研究や水産資源の研究にも役立てられます。

この研究により、サワラが回遊魚であることを香川県が世界で始めて証明しました。

砂に潜る放流エビ(クルマエビ) 網に入った放流魚(タケノコメバル)
砂に潜る放流エビ(クルマエビ) 網に入った放流魚(タケノコメバル)
問い合わせ

香川県水産試験場栽培漁業センター TEL:087-843-6511

県水産課 総務・栽培推進グループ TEL:087-832-3474