Kagawa Goshikidai Children's Nature Center Natural Science Museum

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

現在地:トップページ > 五色台の四季 > 秋は夕暮れ

秋は夕暮れ

大崎の鼻から見える夕暮れの様子

大崎の鼻から〜

随筆「枕草子」の中で清少納言は,秋の夕暮れのよさを紹介しています。秋の空は,空気がすんでいて昼間の青空も夕方の夕焼けもきれいに見えます。ここ五色台では,そんな秋の夕暮れを楽しめる場所がたくさんあります。  
なぜ夕日は赤く見えるのでしょうか。夕方は,お昼頃に比べてずっと斜めから光が差し込むため,大気中のチリや水蒸気のあるところをたくさん通らなければ光が届きません。この時,青やあい色の光はチリなどにぶつかって散乱し届きにくくなりますが,赤っぽい光は少しぐらいのチリや水蒸気があっても遠くまで届きます。そのため,私たちが夕日をみると青っぽい光が見えなくなって赤やオレンジ色の光が目に届くので夕日は赤く見えるのです。  
すみ渡る秋晴れのもと,五色台から見える景色や夕日を楽しんでみてはいかがでしょうか。
イメージ図 夕方、赤に近い光だけが届く様子

イメージ図 夕方〜


Copyright(C)2008 Kagawa Goshikidai Children's Nature Center Natural Science Museum.all rights reserved.