トップページ » お知らせ 香川漆芸ホール展示案内:バックナンバー » 12月
お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 携帯サイトにアクセス!
  • 香川県
  • 香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校
 
【研究員の技術講習会(その2)】

 漆芸研究所では、12月11日(月)に北村昭斎先生(重要無形文化財螺鈿保持者)を、また
19日(火)と20日(水)は前史雄先生(重要無形文化財沈金保持者、石川県立輪島漆芸技術研修所所長)をお招きし、研究員の技術講習会を実施しました。
 写真は、塗り手板に沈金を施す前先生の技術講習会の様子です。

      
  手板の下絵に沿って彫りの練習です。
  前先生の手元に集中する研究員。
   数種類ある沈金鑿(ちんきんのみ)を
   文様によって使い分けて彫ります。
      
  いよいよ金消粉を文様に埋めていきま
  す。
   文様部分以外の金消粉を指先で取り
   去ると、、、
      
  彫った部分にのみ金消粉が埋まり、
  美しい金の文様が現れました。
   文様以外の部分の金を完全に拭い取り
   ます。
      
  金消粉を定着させるため漆風呂へ入れ
  乾燥させます。
  沈金ならではの漆の黒と金の見事なコン
  トラスト。豪華で気品のある仕上がり。
   
   

   
   

香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.