トップページ » お知らせ 香川漆芸ホール展示案内:バックナンバー » 10月
お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 携帯サイトにアクセス!
  • 香川県
  • 香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校
 

【テレビ番組「ニッポンの新・伝統工芸」の取材がありました。】

 8月2日(水)と10月19日(木)、香川県漆芸研究所にて、ケーブルメディア四国によるテレビ番組の取材がありました。番組名は「ニッポンの新・伝統工芸 香川の漆 〜私たちが描くミライノカタチ〜香川」です。

 番組のメインテーマは、香川県立高松工芸高校の「Creative7(クリエイティブセブン)」の活動についてですが、それに関連する香川漆芸の後継者育成施設として当研究所が紹介されます。

 番組はまず、ケーブルメディア四国(12チャンネル)で今年12月25日(月)から年末頃に放送されます(時間未定)。また平成30年2月以降に、CSヒストリーチャンネルで全国放送の予定です(放送日は未定)。詳細がわかり次第当ホームページでお知らせする予定です。 


  「ニッポンの新・伝統工芸
    香川の漆 〜私たちが描くミライノカタチ〜香川」の取材の様子    

今回は4K放送のため、作品の撮影は高精細のカメラを使用しています。
4Kカメラによって映し出された作品の彫りの細密さに驚嘆する撮影スタッフ。番組では、香川漆芸の超絶技巧を見られるかもしれません。
漆器の撮影は、作品に照明が写り込まないよう、カメラとライトの細かい調整が続きます。
思いを込めて丁寧に作られた作品は、時代を超えて輝きを放ちます。
間近でカメラに撮影されながら質問に答える2年生。蒟醬の彫りをする真剣な表情も、放送されるでしょうか。
漆芸に対する熱い思いを語る3年生。
本当に漆が大好きなんです。
インタビューの合間、笑顔がこぼれる竹内先生。
どのような番組が完成するのか、楽しみです。
 


香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.