選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

Listen to this page using ReadSpeaker

香川県障害福祉相談所のページ(障害児)

障害児関係(相談・施設利用)のページ

更新日:平成28年9月26日

1  業務の概要

 児童相談所の障害児相談部門です。0歳から18歳未満の子どもの障害を早期に発見し、適切な治療・療育に結びつける ため、各種の相談や判定などを行います。障害児施設の利用に関する相談に応じています。

2  相談の内容について

 ・知的発達に障害がある子どもに関する相談
 ・身体に障害のある子どもに関する相談
 ・重症心身障害児(者)に関する相談
 ・その他、心身の発達に不安や心配のある子どもに関する相談

3  相談を利用できる方

  香川県内にお住まいの子ども本人、ご家族、保育所・学校等の先生、施設の職員、市町福祉担当職員など、どなたでも利用できます。

4  相談方法

  電話・来所での相談を受け付けております。来所される場合には、事前に電話で予約をしてください。
  相談の内容に応じて福祉職、心理職、医師、保健師など専門の担当者が、面接・調査・心理学的支援・助言・指導などを行います。相談の内容によっては他の機関を紹介します。

5  支援の内容

  相談や判定結果に基づき、必要に応じて以下の支援を行っています。
 ・療育を実施する機関(医療機関、保育所、学校など)の紹介
 ・保護者の方が養育に困る場合、入所施設利用の手続き

6  障害児入所施設の利用について
施設利用の流れ
@障害福祉相談所に施設利用の相談をします。相談の結果によって、利用のための申し込み手続きをしていただきます。
A申込者の課税状況に応じて、施設利用費用の負担上限月額を決定し、受給者証を交付します。
B利用者は受給者証を持って、希望の施設と利用契約をします。
C契約が成立したら、施設は支援サービスを提供します。
Dサービスの提供に対して、利用者負担額を利用施設に支払います。

7  香川県内の障害児入所施設について

  • 福祉型障害児入所施設・・・主に知的障害のある児童の施設
         → 川部みどり園(高松市川部町)、白鳥園(東かがわ市松原)
  • 医療型障害児入所施設・・・主に肢体不自由のある児童を治療する施設
         → かがわ総合リハビリテーションこども支援施設(高松市田村町)
  • 指定発達支援医療機関・・・重度の知的障害及び重度の肢体不自由が重複している児童の施設
         → 四国こどもとおとなの医療センター(善通寺市仙遊町)


8  障害児入所施設利用の利用者負担について

  障害福祉サービスの定率負担は、所得に応じて負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。
  ただし、施設利用負担金に加えて、教育費・給食費・医療費等の負担が必要となります。詳しくは障害福祉相談所にお問い合わせください。


香川県障害福祉相談所
住所:761−8057 高松市田村町1114番地
   (かがわ総合リハビリテーションセンター内)
    障害福祉相談所へのアクセスはこちら
電話:087−867−2696
FAX:087−867−3050
メール:shousou@pref.kagawa.lg.jp
障害福祉相談所リーフレット(印刷用:PDF)
     [トップページに戻る]


現在地:ホーム>香川県庁>障害福祉相談所