メインページ
設備マーク メインページ 戻る
前
次

車いす用トイレ

高齢者や障害者等が積極的に社会参加するためには、便所の整備は不可欠です。  スーパーやデパートなど大きな建物になると、便所がどこにあるかわかりづらいものです。見やすい位置にサインを取りつけ、便所まで迷わず行けることも大切です。

設備の基準点の一覧

車いす用トイレ

  1. 便房の出入口の有効幅は、80cm以上とする。
  2. 腰掛け便座、手すり等を適切に配置する。
  3. 通行に支障がないよう、段差を設けない。
  4. 扉は引き戸、半自動引き戸、できれば自動ドアが望ましい。
  5.        
  6. 便房内に非常ボタン、手すり、見やすい角度・高さの鏡、ウオッシュレット、手荷物置き場、オストミー対応洗浄槽を設ける。

参考文献 : 香川県福祉のまちづくり条例 建築物改善の手引・施設整備マニュアル