メインページ
設備マーク メインページ 戻る
前
次

エレベーター

エレベーターは健常者にとっても便利なものです。ましてや高齢者や障害者等にとっては不可欠なものです。  不特定多数の人が使うような建物には、車いす使用者が支障なく利用できる構造のエレベーターを、一つ以上は設置したいものです。

設備の基準点の一覧

エレベーター

  1. 出入口の有効幅は80cm以上とする。90cm以上が望ましい。
  2. 奥行き135cm以上とする。
  3. 内部に、車椅子使用者用操作盤(点字表示付)、後方確認用鏡、手すり、滑り止め床材等を設ける。
  4. 音声案内装置、音声昇降方向通知装置を設置する。
  5.        
  6. エレベーター内から外が見えるようになっている。
  7. 乗降ロビーは幅・奥行きとも、車いすが回転できる広さとする。180cm角以上が望ましい。
  8.        
  9. 乗降ロビーに注意喚起用床材(点字ブロック)を設置する。

参考文献 : 香川県福祉のまちづくり条例 建築物改善の手引・施設整備マニュアル