メインページ
設備マーク メインページ 戻る
前
次

廊下等

建物の各出入口から、目的地となる各室の出入口までの廊下等は、各室間を相互に利用するために重要であり、 最低限車いすと歩行者がすれ違うことができ、車いすが回転できるだけの幅があればより望ましい。 高齢者、障害者等の安全かつ円滑な通行ができるよう配慮する必要があります。

設備の基準点の一覧

屋内通路

  1. 有効幅は120cm以上とする。180cm以上が望ましい。
  2. 床面には通行の支障となる段差を設けない。ただし、車いす使用者に配慮した傾斜路(スロープ)を併設している場合はこの限りでない。
  3.        
  4. 床の表面は、滑りにくい仕上げとする。
  5. 手すりの設置をする。両側に設置が望ましい。
  6.        
  7. 視覚障害者の安全な通行に配慮する。(点字ブロック)

参考文献 : 香川県福祉のまちづくり条例 建築物改善の手引・施設整備マニュアル