メインページ
設備マーク メインページ 戻る
次
次

敷地内通路

敷地内の通路は、障害者、高齢者等が支障なく、かつ安全に通行できるよう配慮することが必要です。
 また、無造作に自転車などが止められれば、せっかくの広い通路が台無しです。常に良い状態を確保するため、場合によっては注意書等も必要です。

設備の基準点の一覧

敷地内通路

  1. 有効幅は、120cm以上とする。180cm以上が望ましい。
  2. 路面に段差がある場合は、車いす使用者に配慮した傾斜路(スロープ)を設ける。
  3. 路面は、滑りにくい仕上げとする。
  4. 誘導用床材・注意喚起用床材(点字ブロック)を設ける。
  5. 必要に応じて手すりを設ける。

参考文献 : 香川県福祉のまちづくり条例 建築物改善の手引・施設整備マニュアル