メインページ
設備マーク メインページ 戻る
次
次

カウンター及び記載台

カウンター及び記載台は、車いす利用者も利用できるよう、高さ及び下部空間の確保に配慮する必要があります。

設備の基準点の一覧

カウンター及び記載台

  1. 車いす使用者の利用に配慮した高さとする。(70〜80cm程度)
  2. 車いす使用者が利用しやすい下部空間を確保する。(高さ65cm、奥行き45cm程度)

参考文献 : 香川県福祉のまちづくり条例 建築物改善の手引・施設整備マニュアル