メインページ
設備マーク メインページ 戻る
次

出入口

建物の玄関の「主要な出入口」は、誰もが円滑に利用できるよう整備する必要があります。 主要な出入口廻りは建物利用に関する情報が集約され、特に大規模建築物ではエレベーター、エスカレーター、 主要階段や車いす対応のトイレ等の位置が容易に把握でき、それぞれの目的地に到達できるように配慮する必要があります。

設備の基準点の一覧

主要な出入口

  1. 有効幅は90cm以上とする。120cm以上が望ましい。
  2. 戸は、自動開閉する構造、又は車いす使用者が円滑に開閉して通過できる構造とする。
  3. 床面には、通行の支障となる段差を設けない。段差がある場合は、車いす使用者に配慮した傾斜路(スロープ)を設置することで段差を越えられるようにする。
  4. 床の表面は、滑りにくい仕上げとする。
  5. 視覚障害者用床材(点字ブロック)の設置をする。
  6. インターホンの設置をする。
  7.        
  8. ドア、または壁面に点字表示を設ける。

参考文献 : 香川県福祉のまちづくり条例 建築物改善の手引・施設整備マニュアル