選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

常設展示

玄関・中央ホール

高松市内にある屋島大宮八幡神社の秋の祭礼に出た「お船」(明治2年)や愛媛県伊予市で昭和46年まで使用されたイワシ地曳網船、徳島県鳴門市で使われた速い潮流を走るのに適したスマートな船体のカンコ船などを展示しています。


お船(香川県高松市)

イワシ地曳網船(愛媛県伊予市)

カンコ船(徳島県鳴門市)

休憩室「漂着物から瀬戸内海を考える」

瀬戸内の浜辺には、四国・中国地方の内陸部から川をつたって運ばれたゴミや植物をはじめ、黒潮によって運ばれた南の島や外国の植物・生物・ゴミなどの漂着物が寄りついてきています。休憩コーナーでは、浜辺で拾ったゴミなどの漂着物をたくさん展示しています。


瀬戸内海の漂着物など

ページの先頭へ