テーマ展示

テーマ展【明治150年関連企画】「崇徳院神霊、京都へかえる」

雨月物語(香川県立ミュージアム蔵) 江戸時代 
 

  慶応4(1868)827日、讃岐国白峯陵において、勅使による崇徳院神霊を京都に遷す儀式が行われ、崇徳院の神霊は同96日に京都白峯宮(現 白峯神宮)に還られ、それを受けて同98日に明治改元の詔書が発せられました。明治という新しい時代の夜明けは、崇徳院没後約700年の時を経て国家プロジェクトとして行われた崇徳院神霊の京都還幸を終えてはじめて迎えることができたといわれています。

  本展では、当館が所蔵する崇徳院神霊還幸に深くかかわった泉州熊取の郷士中瑞雲斎と崇徳院伝説に彩られた直島の庄屋三宅源左衛門との交流や直島三宅家に伝わる崇徳院伝説に係る史資料などを展示し、近世から近代日本へと移行する変革期のいわゆる草莽の士と呼ばれた地方の志をもった人たちの活動など、明治国家成立期の精神世界の一端を紹介します。

日時 平成30年9月22日(土)~11月25日(日)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
毎週月曜日月曜日が祝日の場合は翌日)
会場 瀬戸内海歴史民俗資料館 第9・10展示室
主な展示資料

① 「明治天皇宣命」(金刀比羅宮蔵)

② 『崇徳天皇御還幸記見聞記録』(当館蔵)

③ 『雨月物語』(香川県立ミュージアム蔵)

④ 『椿説弓張月』(香川県立ミュージアム蔵)

 ⑤ [白峰宮神人由緒書](個人蔵)
資料点数 50点
関連行事 【れきみん講座】
11月10日(土)13時30分~15時
講師 田井静明(瀬戸内海歴史民俗資料館館長)

【展示解説会】すべて11時~11時45分 会場:当館 第9・10展示室
①9月22日(土曜日) ②10月20日(土曜日)③11月25日(土曜日)
※事前申し込み不要。
                                                                                                               
ページの先頭へ