テーマ展示

瀬戸内海歴史民俗資料館テーマ展
「香川のお宝民俗資料蔵出し展2」  (※終了しました)

 
 瀬戸内海歴史民俗資料館では、文化財レスキュー事業の一環として、地域の資料館や、小学校等に保管されている民俗資料の調査を行っています。
 大きな災害が起こったときに、地域の文化遺産を救出し、保全する活動を行うためには、地域の歴史や誇りを後世に伝えていく上で大切なものが、地元に保管されていることを知っていただくことが重要です。
 しかし、こうした貴重な資料の存在が、十分知られていないのが現状です。そこで、昨年に引き続き、大切な資料が身近にあるということを紹介するため、「香川のお宝民俗資料蔵出し展2」を開催します。
 


時報太鼓 (丸亀市立資料館蔵)[明治時代使用]

教授用そろばん
(しおのえ古民館蔵)[昭和時代(戦後)使用]

日時 平成30年3月24日(土)~5月20日(日)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
毎週月曜日(4月30日は開館)
会場 瀬戸内海歴史民俗資料館 第9・10展示室
主な展示資料 ①時報太鼓
②自動菓子販売機
③教授用そろばん
④イカナゴニカゴ
 など
資料点数 72点
関連行事 【展示解説会】すべて11時~11時45分
         会場:当館 第9・10展示室
①3月31日(土曜日) ②4月21日(土曜日)③5月12日(土曜日)
※事前申し込み不要。
                                                                                                               
ページの先頭へ