テーマ展示

瀬戸内海歴史民俗資料館テーマ展
「昭和のお葬式とお墓」

 民俗学では、葬送墓制は日本人の古い精神文化を色濃く残すものとして早くから研究者の関心も高く、その習俗は時代を経ても変わりにくいものと認識されてきましたが、この平成の時代、それらは大きく変化し、今や昭和時代までのお葬式やお墓のようすは昔語りとなってしまいました。そこで当館では、「昭和のお葬式とお墓」と題して、その失われた習俗や墓地景観などを道具や写真からひも解くテーマ展を開催します。
 昭和に育った人たちにとっては「そういえば昔のお葬式やお墓はこんなだった」と懐かしく思われるかもしれません。また、平成生まれの人たちにとっては見たこともない驚きの道具や風景(写真)に出会えることでしょう。

旧琴南町の明治時代のお葬式
(まんのう町教育委員会提供)

三豊市山本町で使われた友引人形(当館蔵)
左:昭和時代、右:現在

日時 平成29年3月18日(土曜日)~6月18日(日曜日)
月曜日休館(月曜日が祝日の場合は原則として翌日休館)
ただし、5月1日(月曜日)・2日(火曜日)は会館
会場 瀬戸内海歴史民俗資料館 第9・10展示室
主な展示資料 ①さぬき市大川町の桶職人がつくった棺桶
②三豊市山本町で使われた友引人形
③志々島(三豊市詫間町)で使われた葬式の道具
④男木島(高松市)で使われた葬式の道具(死者に着せる着物など)
⑤三豊市詫間町で使われた葬式の輿
⑥徳島県三好市井川町井内谷の葬式の道具(死者を埋葬する甕など)
⑦明治~昭和時代のお葬式写真や昭和時代のお墓(土葬墓)の墓上施設などの写真
 など
資料点数 約100点
関連行事 【展示解説会】
①平成29年4月8日(土曜日) 11時~11時45分
 会場:当館 第9・10展示室
②平成29年5月27日(土曜日)11時~11時45分
 会場:当館 第9・10展示室
※事前申し込み不要。
【れきみん講座】
平成29年6月10日(土曜日)13:30~15:00
「昭和のお葬式とお墓」
会場:当館 研修室
※事前申し込み必要。
                                                                                                               
ページの先頭へ