テーマ展示

瀬戸内海歴史民俗資料館テーマ展
「小豆島霊場資料展」

 2015年は、弘法大師空海が高野山を開創(かいそう)して1200年にあたります。また、昨年は、空海が四国霊場を開創して1200年にあたるとされるなど、四国遍路が改めて注目されています。この四国遍路と同じく、霊場巡拝の場として、全行程およそ150キロメートルの小豆島霊場があります。小豆島霊場での巡拝は、江戸時代中期より盛んになり、現在まで続いています。
 本展では、香川県立ミュージアムと当館に収蔵されている、古文書、絵図や絵葉書などの小豆島霊場についての資料を展示するとともに、現在、当館が行っている小豆島霊場の石碑調査の成果についても、その一端を紹介します。
                    

etizu 小豆嶋八十八箇所霊場里程三十七里八丁余
(部分)(大正7年(1918)・当館蔵)

日時 平成27年12月22日(火曜日)~平成28年2月14日(日曜日)
月曜日休館(月曜日が祝日の場合は原則として翌日休館)
平成27年12月28日(月曜日)~平成28年1月4日(月曜日)
会場 瀬戸内海歴史民俗資料館 第3展示室
主な展示資料 小豆嶋四国順拝控(当館蔵・天保15年(1844))
納経帳(当館蔵・嘉永5(1852))
小豆島霊場名所案内記(当館蔵・大正3年(1914))
小豆嶋八十八箇所霊場里程三十七里八丁余(当館蔵・大正7年(1918))
巡拝の写真(個人蔵・昭和9年(1934))
など
資料点数 60点
                                                                                     
「小豆島霊場資料展」
資料名 時代   所蔵
1 順拝手ぬぐい 大正期 香川県立ミュージアム蔵
2 小豆嶋四国順拝扣 天保15年(1844) 当館蔵
3 小豆島八拾八ヶ所順拝 嘉永5年(1852) 当館蔵
4 納経帳 安政7年(1860) 当館蔵
5 奉納経 小豆島八十八ヶ所 江戸時代 当館蔵
6 奉納小豆島霊場巡拝 明治40年(1907) 当館蔵
7 小豆嶋奉納経 明治~大正時代 香川県立ミュージアム蔵
8 小豆島八十八箇所仏閣一覧図 明治18年(1885) 当館蔵
9 小豆嶋八十八箇所巡拝略圖写 明治24年(1891) 当館蔵
10 小豆島八十八箇所順拝略図道行三十四里五丁 明治34年(1901) 当館蔵
11 小豆島八十八箇所順拝略図道行三十四里五丁 明治39年(1906) 香川県立ミュージアム蔵
12 小豆嶋八拾八箇所霊場 明治45年(1912) 香川県立ミュージアム蔵
13 小豆嶋八十八箇所霊場里程三十七里八丁余 大正7年(1918) 当館蔵
14 改正小豆島八十八箇所霊場案内 大正10年(1921) 香川県立ミュージアム蔵
15 改正小豆島八十八箇所霊場案内 大正11年(1922) 当館蔵
16 最新小豆島八十八箇所霊場案内 昭和7年(1932) 香川県立ミュージアム蔵
17 小豆嶋御遺跡霊場風光真図 明治前期 香川県立ミュージアム蔵
18 小豆島霊場第壱番洞雲山真図 昭和時代ヵ 香川県立ミュージアム蔵
19 小豆島霊場第二番碁石ヶ瀧之図 明治45年(1912) 香川県立ミュージアム蔵
20 小豆島霊場第十四番清瀧山真図 昭和11年(1936)以前現代 当館蔵
21 小豆島霊場名所案内記(表紙展示) 大正3年(1914) 当館蔵
22 香川縣小豆郡全圖 大正15年(1926) 当館蔵
23 小豆島八十八ヶ所霊場順拝略圖 昭和時代 当館蔵
24 小豆島 昭和時代 当館蔵
25 新聞記事「小豆島霊場めぐり」 昭和37年(1962) 当館蔵
26 小豆島八十八ヶ所巡拝案内書(表紙展示) 昭和54年(1979) 個人蔵
27 小豆島八十八ヶ所巡拝案内書(表紙展示) 平成4年(1992) 個人蔵
28 小豆島八十八ヶ所霊場(表紙展示) 平成26年(2014) 個人蔵
29 おへんろ道案内図 平成23年(2011) 個人蔵
30 国立公園小豆島坂手附近名勝 戦前・昭和9年(1934)以降 当館蔵
31 瀬戸内海国立公園小豆島西部名勝 戦前・昭和9年(1934)以降 当館蔵
32 国立公園内務省指定天然記念物
世界唯一巨木 小豆島宝生院眞柏
戦前・昭和9年(1934)以降 当館蔵
33 [絵葉書 小豆島第五十三番 本覚寺 鐘楼並山門] 昭和時代 当館蔵
34 [絵葉書 小豆島第五十三番 本覚寺 山門] 昭和時代 当館蔵
35 巡拝の写真 昭和9年(1934) 個人蔵
            
ページの先頭へ