ワークショップ

瀬戸大橋開通30周年 瀬戸内の島を訪ねる①-与島-  *終了しました。

 瀬戸内の島を訪ね、島の人々の生活の変化や歴史・文化を学習する企画。 今年度1回目は、瀬戸大橋が架かる坂出市の与島。  瀬戸大橋が架かっている島のなかでは唯一、一般車両 が降りることのできる島であり、かつては、採石業や塩業、漁業の盛んな島でした。 島に残る史跡や、橋の開通から30年を迎える与島の 今を見学します。
 当日は、県内ではめずらしい観音めぐりのめぐ りのお接待行事を見学し、また、島についてのお話を聞 くことで、島の暮らしの変化や歴史、文化を学びます。



※観音堂周辺 集められた西国三十三観音像

日時 平成30年4月18日(水曜日) 9;00~16:00 
※ 瀬戸大橋が通行止めおよび警報発令時は中止
場所 坂出市与島(JR坂出駅集合・解散)
※詳しい場所や日程は、参加者確定後、別途お知らせします。
定員 30名、小学生以上の一般が対象。
ただし小中学生は保護者同伴のこと。 1組の応募は3名まで。1名での申込も可。 
※応募者多数の場合は、抽選となります。
申込期間 平成30年3月6日(火曜日)~4月4日(水曜日) 必着 *終了しました。
保険料 一人50円(往復の路線バス代、大人1040円、小人520円が別途必要です。)
申し込み方法
往復はがき、または、かがわ電子自治体システムでお申込み下さい。
【往復はがきでのお申し込み】
往復はがき(1枚につき1組3名まで)に、参加したい人の①氏名、②小中学生の場合は学年、③住所、④電話番号を明記して、申込期間内に瀬戸内海歴史民俗資料館必着で送付して下さい。
【かがわ電子自治体システムでの(インターネットを利用した)お申し込み】
香川県ホームページの「かがわ電子自治体システム 電子申請・施設利用申込」から入り、「電子申請・届出サービス」をクリックし必要事項(1組3名まで)を入力して、申込み期間内にお申込み下さい。
かがわ電子自治体システム

ご応募結果の発信・投函は締め切り日から1週間ほどで行う予定です。
   詳しい案内は、参加者決定後、別途お知らせします。
申込
問合先
〒761-8001 高松市亀水町1412-2 瀬戸内海歴史民俗資料館 ワークショップ係
電話:087-881-4707/FAX:087-881-4784
ページの先頭へ