ワークショップ

「瀬戸内の島を訪ねる①-櫃石島・岩黒島-」   *(終了しました)

 瀬戸内の島を訪ね、島の人々の生活の変化や歴史・文化を学習する企画。
 1回目は、瀬戸大橋が架かる坂出の櫃石島と岩黒島。

 備讃瀬戸の北部に位置し、漁業が主産業の両島。見どころは、景観を考慮された雄大なトラス斜張橋や吊橋と、島の自然との調和。「塩飽人名の島」である両島を訪ね、島に残る史跡や、橋の開通から30年を迎えようとする両島の今を見学します。また、島についてのお話を聞くことで、各島の暮らしの変化や歴史、文化を学びます。

minato
今も成長しているといわれるキイキ石(櫃石島、王子神社境内)

日時 平成29年6月4日(日曜日) 8時55分 ~ 16時00分
※瀬戸大橋が通行止めおよび警報発令時は中止
会場 櫃石島・岩黒島 (坂出市。JR坂出駅集合・解散)
※詳しい場所や日程は、参加者確定後、別途お知らせします。
定員 20名。小学生以上の一般が対象で10組程度。ただし小中学生は保護者同伴のこと。
1組の応募は3名まで。1名での申込も可。
※応募者多数の場合は、抽選となります。
申込期間 4月25日(火曜日)~5月19日(金曜日)必着
参加料 1人50円
申し込み方法
往復はがき、または、かがわ電子自治体システムでお申込み下さい。
【往復はがきでのお申し込み】
往復はがき(1枚につき1組3名まで)に、参加したい人の①氏名、②小中学生の場合は学年、③住所、④電話番号を明記して、申込期間内に瀬戸内海歴史民俗資料館必着で送付して下さい。応募者多数の場合は抽選となりますので、当落確定後、返信はがきでお知らせします。
【かがわ電子自治体システムでの(インターネットを利用した)お申し込み】
香川県ホームページの「かがわ電子自治体システム 電子申請・施設利用申込」から入り、「電子申請・届出サービス」をクリックし必要事項(1組3名まで)を入力して、申込み期間内にお申込み下さい。応募者多数の場合は抽選となりますので、申込期間終了後1週間以内に当落を電子申請でご確認下さい。
かがわ電子自治体システム
申込
問合先
〒761-8001 高松市亀水町1412-2 瀬戸内海歴史民俗資料館 ワークショップ係
電話:087-881-4707/FAX:087-881-4784
ページの先頭へ