海に関わる民俗技術

茶粥づくり

所在地
伝承地
香川県坂出市岩黒島(1980年調査)
概要 かつては、岩黒島の主食であった。朝夕は茶粥、昼は麦飯というのが普通だった。茶粥には季節によって、餅や麦の団子、さつま芋、ソラマメなどを入れた。
茶粥は良いお茶を使うとしまりすぎるといい、高知県産のカタマリ茶(玉茶)を使う。戦時中、カタマリ茶が入手しにくくなった時、島ではハブ茶(ドクケシを焙烙で煎ったもの)を混ぜて使うようになった。ドクケシを混ぜると色が濃くなるという。 島の水は塩分を含んでいるのでおいしい茶粥が炊けるという。
参考文献 瀬戸内海歴史民俗資料館『本四架橋に伴う島しょ部民俗文化財調査報告(第1年次)』1981年
ページの先頭へ
  • 建物紹介
  • ボランティア
  • 団体利用
  • 周辺施設
  • お問い合わせ