職人とくらしの民俗技術

鍛冶(農具)

所在地・伝承地 香川県三豊市高瀬町(1988年調査)
概要 製作工程はおよそ①火おこし、②荒造り(ジガネ造り→ジガネとハガネの接合→形を整える)、③荒仕上げ、④焼入れ(荒仕上げの終わった製品を再度、火に入れ、温度の上がり具合を見極めて、ユブネに入れて急に冷やしハガネを固くする)、⑤総仕上げ(ヤスリを使って刃先などを整え、最後に油を塗って仕上げる)の順。製作用具は瀬戸内海歴史民俗資料館に収蔵。
参考文献 香川県教育委員会『香川の諸職』1989年
ページの先頭へ
  • 建物紹介
  • ボランティア
  • 団体利用
  • 周辺施設
  • お問い合わせ