選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

香川県精神保健福祉センターのページ

自立支援医療(精神通院医療)を申請される方へ

更新日:2016年8月16日 火曜日

メニュー


トップページ
精神保健福祉センターとは
業務



ひきこもり地域支援センター
県内のひきこもり支援機関
精神障害者保健福祉手帳を
申請される方へ

自立支援医療(精神通院
医療)を申請される方へ

センターだより・所報
個人情報保護
更新履歴
 

【自立支援医療(精神通院医療)について】

    重要なお知らせ
      平成28年1月から、申請・届出時に個人番号の記載が必要となります新着
      マイナンバー制の導入に伴い、自立支援医療(精神通院医療)の申請・届出書の様式が変更になり、個人番号の記載が必要となります。同一保険の加入者や、受診者が18歳未満の場合には保護者の個人番号も必要です。
      また、申請・届出の際には、本人確認が必要となります。本人確認は、番号確認書類と身元確認書類の両方が必要になりますので、@からBのいずれかの書類をお持ちください。
      @個人番号カード(両面)
      A通知カード+公的機関発行の身分証明書(写真付き)1点 (例)障害者手帳、運転免許証
      B通知カード+健康保険証、年金手帳など2点

    <自立支援医療(精神通院医療)とは>   
      自立支援医療(精神通院医療)は、精神疾患のために通院して医療を継続的に受ける時に、医療費の自己負担を軽減する制度です。この制度を利用すると、自己負担額は原則医療費の1割となりますが、ご本人の属する世帯(ご本人と同じ医療保険に加入する方)の所得や収入に応じて、毎月の限度額が決まります。

    自己負担上限額を示した図です。
      <対象となる方>
        精神疾患の通院治療を受けている方
          • 対象疾病については、主治医にご相談ください。
          • 診断書による審査があります。
          • 市町村民税の所得割額が23万5千円以上の世帯(ご本人と同じ医療保険に加入する方を同一世帯とします)に属する方は、病状によっては対象外になることがあります。

      <申請窓口>
        お住まいの市役所・町役場の窓口 

      <申請方法>
        自立支援医療のみを申請する場合と、精神障害者保健福祉手帳と同時に申請する場合で必要な書類が異なります。
      1. 自立支援医療のみを申請する場合の必要書類
          @自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書(平成28年1月から様式が変わりました。A4用紙両面印刷新着
          A自立支援医療(精神通院医療)診断書 [PDF形式] [Word形式] A3用紙1枚に印刷してください。)
          B所得を確認できる書類
            市町村民税課税(非課税)所得証明書等
            非課税の場合は本人等の収入が確認できる書類(年金証書)等
          C医療保険証
          D印鑑
            • @Aの各様式は、市役所・町役場の窓口にあります。また、このホームページからもダウンロードできます。
            • Bの所得を確認できる書類については、市役所・町役場窓口にご確認・ご相談ください。

      2. 精神障害者保健福祉手帳と同時に申請をする場合の必要書類
          @自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書(平成28年1月から様式が変わりました。A4用紙両面印刷新着
          A障害者手帳交付等申請書(平成28年1月から様式が変わりました)新着
          B診断書(精神障害者保健福祉手帳用) [PDF形式] [Word形式] A3用紙1枚に印刷してください。)
          C所得を確認できる書類
            市町村民税課税(非課税)所得証明書等
            非課税の場合は本人等の収入が確認できる書類(年金証書)等
          D医療保険証
          E印鑑
          F写真1枚(縦4cm×横3cm、脱帽・正面上半身・背景無地、撮影から1年以内のもの)
            • @ABの各様式は、市役所・町役場の窓口にあります。また、このホームページからもダウンロードできます。
            • Cの所得を確認できる書類については、市役所・町役場窓口にご確認・ご相談ください。

      <利用できる医療機関>
        申請が認定されると、自立支援医療受給者証が交付されます。自立支援医療受給者証に記載された医療機関(県の指定を受けた医療機関)のみで利 用できます。
          • 利用できる指定医療機関は、病院(または診療所)1か所、薬局1か所(薬の処方があり病院で投薬を受けない場合等)、訪問看護事業所1か所(主治医の指示による)です。ただし、医療の重複がなくやむを得ない事情がある場合(別の病院でデイケアだけ受ける場合等)に限り2か所認められることがあります。詳しくは、お住まいの市役所・町役場の窓口、精神保健福祉センターにご確認ください。
          • 精神疾患と関係のない疾患の治療等、医療の内容によっては記載された医療機関でも利用できない場合がありますので、ご注意ください。詳しくは、主治医にご確認ください。

      <有効期間>
        1年以内です。

      <再認定の申請について>
        再認定の申請は、有効期限が切れる3ヶ月前より受付できます。申請方法は新規申請の場合と同じです。
          • 申請は毎年必要ですが、病状の変化がなく、治療方針の変更もない場合は診断書の提出は2年に一度にすることができます。
          • 有効期限が切れてからの申請は、必ず診断書が必要になりますのでご注意ください。

      <その他の手続き>
        自立支援医療受給者証(精神通院)の交付を受けた後、次のような場合には、それぞれに記載の必要書類を用意して市役所・町役場の窓口で手続きしてください。
      1. 受給者証の記載事項(住所、氏名、保険の種類、18歳未満の方の保護者の住所・氏名)に変更がある場合
      2. 医療機関を変更する場合
      3. 自立支援医療受給者証を紛失したり汚したりして再交付を受ける場合
          @自立支援医療受給者証(精神通院医療)再交付申請書(平成28年1月から様式が変わりました)新着
            受給者証を汚したり、破れたために再交付を申請する場合は、現在の受給者証もご提出ください。
            • 様式は、市役所・町役場の窓口にあります。また、このホームページからもダウンロードできます。

      4. 死亡や通院治療終了等により自立支援医療受給者証が不要になった場合
          @自立支援医療受給者証返還届
          A自立支援医療受給者証
            • 有効期限が切れた自立支援医療受給者証については、@は必要ありません。お住まいの市役所・町役場の申請窓口へそのままご返却ください。
            • @の様式は、市役所・町役場の窓口にあります。また、このホームページからもダウンロードできます。

      5. 県外から転入した場合
          @自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書(平成28年1月から様式が変わりました。A4用紙両面印刷新着
          A元の自治体へ提出した診断書の写し
          B所得を確認できる書類
            市町村民税課税(非課税)所得証明書等
            非課税の場合は本人等の収入が確認できる書類(年金証書)等
          C医療保険証
          D印鑑
          E元の自治体が交付した自立支援医療受給者証
            • 元の自治体の交付した受給者証の有効期限までの受給者証が交付されます。
            • 有効期限が切れている場合、転入手続きはできません。改めて新規申請が必要となります。
            • 元の受給者証は返還し、新規に申請することもできます。申請方法は新規申請の場合と同じです。
            • @の様式は、市役所・町役場の窓口にあります。また、このホームページからもダウンロードできます。

      • 県外へ転出する場合、自立支援医療受給者証を返還する必要はありません。転出先で転入手続きをしてください。

      <注意事項>
        精神障害者保健福祉手帳を診断書で申請されている方は、自立支援医療の期限を調整して申請時期をあわせることで、手帳・医療あわせて診断書の提出を2年に1通にする取扱いができます。詳しくは、市役所・町役場の窓口にご相談ください。

      <標準処理期間>
        • 新規申請、再認定申請の場合:39日(経由期間20日、処理期間19日)
        • 支給認定の変更申請、再交付申請の場合:34日(経由期間20日、処理期間14日)
          • 提出した書類の内容によっては、標準処理期間を超える場合があります。


[お問い合わせ]
香川県精神保健福祉センター
住所:〒760-0068 香川県高松市松島町1-17-28 香川県高松合同庁舎4階 (アクセスはこちら)
電話:087-804-5565
FAX:087-835-5474

関連リンク

香川県内の保健所等(心の相談やひきこもり相談全般)

児童相談所(子どもや家庭に関する相談)

発達障害者支援センター(発達障害に関する相談)

教育センター(いじめ・不登校に関する相談)

若者サポートステーション(39才までの若者を対象とした就労支援)

その他


現在地:ホーム> 所属情報> 精神保健福祉センター>自立支援医療(精神通院医療)を申請される方へ
〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表電話: 087-831-1111 (直通電話番号一覧) 開庁時間:平日 8時30分〜17時15分
香川県 県章