本文へ
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

食品リサイクル法について

食品リサイクル法とは

食品関連事業者に求められていること

  • ○食品循環資源の再生利用等
    1. 発生を抑制する
      生産や流通過程の工夫、消費のあり方の見直しなどにより、食品廃棄物そのものの発生を抑制する。
    2. 再生利用する
      再資源化できるものを飼料・肥料等の原材料に利用する。
    3. 熱回収する
      再生利用が困難であって、熱回収効率が高い場合等に限り、選択可能。
    4. 減量する
      脱水、乾燥等で食品廃棄物等の量を減少させ、廃棄処分を容易にする。
  • ○定期報告義務
  • 再生利用等を促進するための制度

  • ○登録再生利用事業者制度
    1. 登録されることにより、受託先の拡大等が期待されます。
    2. 肥料取締法・飼料安全法の特例が受けられます。製造、販売等の届出を重ねて行うことは不要になります。
    3. 廃棄物処理法の特例が受けられます。荷卸し地における一般廃棄物の運搬にかかる許可が不要になります。
      (荷積み地における市町村からの許可は必要)
  • ○再生利用事業計画の認定制度
  • 当該制度に興味のある方は下記までご連絡ください。
     中国四国農政局 経営・事業支援部 事業戦略課  TEL:086-224-4511

    関連リンク

    香川県農政水産部農業生産流通課
    〒760-8570 香川県高松市番町4-1-10
    TEL:087-832-3416
    FAX:087-837-2481
    さぬきのイイトコ穫り ご意見はこちらからどうぞ