香川県労働委員会のページ

労働争議の調整

更新日:平成27年9月14日

  • 調整とは
  •  労働争議の調整は、労働条件など労使間の問題について、自主的な解決が困難になった場合に、労働委員会が公平・中立な機関として労使の間に入り、その話し合いのとりなしをして、争議を平和的に解決するために必要な援助を行う制度です。
     労働委員会が行う調整の方法は、あっせん・調停・仲裁の3つに分かれており、どの方法を選ぶかは、原則として当事者の自由ですが、ほとんどの場合、手続の簡便なあっせんの方法が利用されています。あっせん、調停、仲裁の相違点は、次のとおりです。
      ◎あっせん、調停、仲裁の相違点はこちら
      ◎労働争議の調整(あっせん・調停・仲裁)の申請書様式はこちら

  • あっせんの流れ
  •  3つの調整方法の中で最も多く利用されているあっせんは、一般的には次のように進められます。

      申請(※1)、職権あっせん(※2)→事前調査(※3)→会長のあっせん員指名→あっせん活動(※4)→解決(※5)、取り下げ(※6)、打ち切り(※7)
       ※1 労使のいずれか一方又は労使双方の申請
       ※2 県民生活に重大な影響を及ぼす場合など
       ※3 事務局職員が、労使双方から争議の原因・争点・経過などについての実情を聴取します。
          労使いずれか一方の申請の場合、相手方にあっせんに応じるかどうか確認します。
       ※4 事情聴取…あっせん員が労使双方から事情を聴取し、争議の争点がどこにあるのかを整理します。
          主張の調整…事情聴取等に基づき、労使の主張の対立を調整し、あっせん案を示すなどして歩み寄りを図ります。
       ※5 あっせん案の受諾など
       ※6 申請者の都合
       ※7 解決の見込みがない場合など

  • 香川県労働委員会あっせん員候補者名簿
[担当]
労働委員会事務局
電話:087-832-3721
FAX:087-806-0226
メール:roui@pref.kagawa.lg.jp


〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表電話: 087-831-1111 (直通電話番号一覧) 開庁時間:平日 8時30分〜17時15分
香川県 県章