スタイルシートが無効なため使用できません→

平成24年度 ワーク・ライフ・バランス推進企業表彰

平成24年度ワーク・ライフ・バランス推進企業表彰(知事賞、商工労働部長賞)が決定!!

 平成25年2月25日、仕事と家庭が両立できる職場環境の実現や働きやすい職場環境づくりを目指して、広くワーク・ライフ・バランスの推進に優れた取り組みが行われた企業を「ワーク・ライフ・バランス推進企業(知事賞、商工労働部長賞)」として表彰しました。
 

●ワーク・ライフ・バランス推進企業表彰(知事賞)は次の1社です。

    医療法人社団三恵会木太三宅病院
     □理事長:三宅 洋三 □所在地:高松市 □業種:病院経営 □従業員数:40人

      受賞理由は、
    • 未就学児童を養育する職員を対象に、半日又は1時間単位で取得可能な子の看護休暇制度を導入した。
    • 未就学児童を養育する職員を対象に、申し出により利用できる短時間勤務制度を導入し、利用促進に努めた。
    • 出産や子育てを理由に退職した職員を再雇用し、所定外労働・休日出勤・深夜勤務の免除を行い、育児と仕事の両立支援を行った。

    ●ワーク・ ライフ・バランス推進企業表彰(商工労働部長賞)は次の3社です。

      株式会社レガン
       □代表取締役:砂川 泰三 □所在地:三木町 □業種:繊維製品(手袋)製造業 □従業員数:71人

        受賞理由は、
      • 子の看護休暇の対象範囲を小学校3年生までの子を養育する従業員まで拡大した制度を導入した。
      • 出産や子育てを理由に退職した従業員を再雇用する制度を導入し、利用促進に努めた。
      • 若年層に対するインターンシップ制度を導入し、高校生、高等専門学校生、大学生の受入れを行った。

      四国交通共済協同組合
      □理事長:松田 誠祐 □所在地:坂出市 □業種:共済事業 □従業員数:53人

        受賞理由は、
      • 小学校2年生までの子を養育する職員を対象に、子の看護休暇について変更前の10日から、第3子以降の子についてさらに3日付与する制度を導入した。
      • 小学校卒業までの子を養育する職員を対象に、柔軟な働き方のできるよう所定外労働を免除する制度を導入した。
      • 育児休業、子の看護休暇の取得促進に努め、取得実績について、顕著な成果を挙げている。

      認定こども園やしま幼稚園
      □園長:坪井 洋子 □所在地:高松市 □業種:幼児教育 □従業員数:31人

        受賞理由は、
      • 未就学児童を養育する教職員を対象に、子の人数に関係なく子の看護休暇を年10日とする制度を導入した。
      • 新規採用者について、労働基準法に定める基準を上回る採用日より10日の年次有給休暇を付与する制度を導入した。
      • (労働基準法:採用日から6か月継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に対して最低10日与えられなければならない)
      • 育児支援諸制度及び法律・公的支援諸制度について、職員会議にて、全教職員に周知を図った。

    子育て行動計画策定企業一覧

    “子育て・介護”応援企業一覧



現在地: トップ > イベント情報