選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

香川県プロフィール

シンボル

県章

カガワの頭文字の「カ」をデザインしたもので、香川県の特色ある山容と、平和のシンボルである県花・県木「オリーブ」の葉を表現し、恵まれた風土にはぐくまれて、向上発展を続ける香川県のすがたを象徴しています。昭和52年10月1日に制定されました。
県章の使用申請について

県花・県木[オリーブ]

モクセイ科の常緑樹で、初夏に白い小さな花をつけます。ヨーロッパでは、平和と充実の象徴。県花としては、昭和29年のNHK開局記念番組で発表。県木としては、緑化運動のなかで県民から公募して、昭和41年9月10日に選定されました。
小豆島オリーブ公園   香川の県産品−小豆島オリーブ

県民鳥[ホトトギス]

古くから歌や詩に多く詠まれている鳥で、県内に広く生息し、よく知られています。夏の渡り鳥ですが、香川県でよく繁殖します。昆虫、特に、毛虫を食べるので有益。昭和41年5月10日に指定になりました。

県民獣[シカ]

シカは県内では小豆島に生息し、ホンシュウシカとして学術的に貴重なもので、また、観光資源にもなっています。気品のある姿は、県民の象徴としてふさわしいものといえるでしょう。昭和41年5月10日に指定になりました。

県魚[ハマチ]

昭和初期に日本で初めて、香川県で養殖技術が開発されました。現在では、本県の水産業の基幹魚種になっています。モジャコ、ツバス、ハマチ等の名で、出世魚として知られ、日々の料理に広く用いられています。平成7年11月7日に指定になりました。





現在地:ホーム>香川県の紹介>香川県プロフィール(シンボル)
〒760-8570 香川県高松市番町四丁目1番10号
代表電話: 087-831-1111 (直通電話番号一覧) 開庁時間:平日 8時30分〜17時15分
香川県 県章