このページの本文へ移動
ホーム > 暮らしの安全 > サイバー犯罪対策室

サイバー犯罪対策室

香川県警察では、インターネット等の発展に伴い急増しているサイバー犯罪に対応するため、サイバー犯罪対策室を設置して、この種の犯罪の抑止対策や取締り活動に努めています。

サイバー犯罪とは

不正アクセス行為の禁止等に関する法律違反

他人のID・パスワードを悪用して、ネット上の各種サービスやプロバイダ等のコンピュータにアクセスする犯罪行為です。

コンピュータ又は電磁的記録を対象とした犯罪

電子計算機損壊等業務妨害等の刑法で規定されている犯罪です。

ネットワーク利用犯罪

  • インターネットオークションや電子掲示板を利用した詐欺事件
  • 他のインターネット利用者に「わいせつ動画」や「児童ポルノ」を閲覧させた公然陳列事件
  • SNSを利用した児童売春事件
  • 電子掲示板を利用した名誉毀損事件

等をいいます。

香川県サイバーセキュリティ連絡ネットワークについて

香川県サイバーセキュリティ連絡ネットワークは、香川県内の企業で構成された関係機関・団体及び大学、行政機関等をネットワーク化し、サイバー空間の安全と安心に資する目的で、平成27年2月16日に設立されました。

香川県サイバーセキュリティ連絡ネットワークでは、会員相互の連携のもと以下の活動を行っています。

  • サイバーセキュリティに関する情報共有及び官民の連携強化
  • サイバーセキュリティに関する啓発活動の推進
  • サイバーセキュリティの向上に資する人材の育成及び環境整備

香川県警察の取組

香川県警察では、会員相互の情報共有及び啓発活動のため、「Kagawa Cyber Security Information」という資料を作成・配付しています。
  サイバー犯罪、サイバー攻撃に関する情勢や手口を紹介していますので、是非ご一読下さい。

香川県プロバイダ等防犯連絡協議会について

香川県プロバイダ等防犯連絡協議会は、香川県下のプロバイダ事業者等と警察が協力して、増加するサイバー犯罪の対策を効果的に推進し、高度情報通信社会の健全な発展と安全な県民生活に寄与することを目的として平成11年4月に設立されました。

協議会では、年1回の総会を通じて、以下の活動を行っています。

  • セキュリティシステム対策の調査・研究と被害防止対策の推進
  • サイバー犯罪被害防止のための広報・啓発活動
  • サイバー犯罪対策に関する連携と協力

協議会員

  • 株式会社STNet
  • 株式会社イノベイト
  • 虹ネット株式会社
  • 香川テレビ放送網株式会社
  • 中讃ケーブルビジョン株式会社
  • 三豊ケーブルテレビ放送株式会社
  • 株式会社ドコモCS四国
  • KDDI株式会社四国総支社
  • ソフトバンク株式会社
  • NTTコミュニケーションズ株式会社四国支店

サイバー犯罪情報はこちらへ

インターネット上に氾濫する違法・有害情報については、全国統一の受付窓口として、「インターネット・ホットラインセンター」が平成18年6月1日から運用されています。
同センターでは、一般の方が見つけた違法・有害情報の通報を受け付け、警察への通報、プロバイダや電子掲示板の管理者等への削除依頼を積極的に行っています。

インターネットホットラインセンター

詳しくは、上記インターネットホットラインセンターのホームページをご覧下さい。当県警への情報提供については、次の情報ボックスをご利用下さい。

提供いただいた情報に関して、すべての方にお返事ができない場合があることをあらかじめご了承願います。

香川県警察本部生活安全部生活環境課サイバー犯罪対策係 (087)833-0110(代表)
サイバーBOX サイバー犯罪に関する情報はこちら

ネットワークセキュリティに関する各種情報

インターネットは私たちの生活に利便性をもたらしていますが、それに伴いネットワークのセキュリティが日に日に脅かされつつあるという負の側面も見逃せません。
コンピュータウィルス、サイバー犯罪等から自己を守り、また、ネットワーク全体のセキュリティを高めるには、利用者一人ひとりが必要な対策を継続し続けることが大切になってきます。
警察では、ネットワークセキュリティに関する様々な情報を下記のサイトで提供しています。