このページの本文へ移動
香川県警察
暮らし安心手帳ホーム > 危ないよ交通事故

危ないよ交通事故。道に出るときは、気をつけて!

ご高齢の方を交通事故被害から守るために。

ご家族と一緒に暮らしているにもかかわらず、多くのご高齢の方が死亡事故の被害にあっています。ご家族みんなで交通安全について、話し合ってみましょう。

特に多い道路横断中、交差点、夕暮れ時の事故。事故を防止するためのアドバイス

信号無視イラスト
信号無視くらい…と思っていませんか?
信号無視は死亡事故に直結する危険行為です。絶対にやめましょう。青信号の点滅が始まったら、無理な横断はやめて、次の青信号を待ちましょう。
横断禁止場所の横断イラスト
横断禁止場所の横断は危険です。
横断禁止場所を横断したため、走行してきた四輪車と衝突して亡くなった事故が発生しています。
事故防止のアドバイス
横断禁止の標識があるところは、絶対に横断してはいけません。
  横断禁止場所を横断することは、死亡事故に直結する危険な行為です。
  横断禁止の標識のある道路では、必ず信号のある交差点の横断歩道か、歩道橋を渡るようにしましょう。
横断歩道の横断のイラスト
慣れた道でも油断しない!横断歩道を渡るようにしましょう。
横断歩道等ではない場所を横断したため、走行してきた四輪車やバイクと衝突して亡くなった事故が発生しています。
事故防止のアドバイス
交通事故で亡くなったご高齢の方の多くが自宅付近で事故に遭っています。自宅付近の慣れた道でも近道せずに、横断歩道を渡りましょう。
  ご家族みんなで交通安全について、話し合ってみてください。
信号のある交差点を渡るイラスト
信号を守っているから絶対に安全とは限りません。
青信号に従い横断歩道上を横断している途中、交差点を右左折してきた車両に衝突して亡くなった事故が多発しています。
事故防止のアドバイス
交差点では、右左折車両に注意してください。
  ドライバーが歩行者に気がつかないまま進行してくることがあります。
  反射材を身に着けて十分に安全確認をしましょう。
交差点でない道路を渡るイラスト
交差点でない道路を渡るときには特に注意しましょう。
自分の方に向かって来る車の速度を判断するのは難しいものです。車は見た目より速く近づいてきます。また昼と夜で見え方も変わります。
事故防止のアドバイス
特に「左から来る車」に注意しましょう。
 道路を渡る前、渡り始め、渡っている途中も、左右をよく確認しましょう。
斜め横断は落とし穴。近道のように思いますが、危険にさらされる時間が長くなります。
 道路は、左右から車が来ていないかどうか、車の速さ、動きを良く見てまっすぐ渡りましょう。
早朝夜間の服装・反射材のイラスト
早朝、夕方、夜間は目立つように。
夜間は車の運転者から歩行者の確認がしづらくなります。
 車から自分を見やすくすることがポイントです。
 運転者に「私はここにいるよ」と存在を教えてあげるのが効果的です。
事故防止のアドバイス
白っぽいものや、明るい色の服装、反射材を着用しましょう。
 街灯などがある明るい道を歩くようにしましょう。
 小型の懐中電灯を持ち歩くのも効果的です。夜の道は昼間より注意深く行動しましょう。
自転車運転のイラスト
自転車に乗る時も交通ルール厳守
自転車乗車中には、安全不確認、前方不注意などが原因の死亡事故が数多く発生しています。自転車は「車両」です。「自転車安全利用五則」を守り、安全運転に努めましょう。

自転車安全利用五則

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  5. 子どもはヘルメットを着用
事故防止のアドバイス
自転車は、車の仲間であることを認識し、安全確認や信号、標識は厳守しましょう。
自転車の安全利用については

ドライバー・自転車ご利用の皆様へ

ご存じですか?ご高齢の方の特性
加齢に伴い身体的な変化があります。
  • 視力・聴力が弱まることで、危険な状態の発見や回避が遅くなる傾向があります。
  • 反射神経が鈍ることで、危険を避けるためのとっさの行動が遅くなる傾向があります。
  • 平衡感覚が低下することで、歩行や自転車の乗り方が不安定になる傾向があります。
  • 運転経験のない人が多いこともあり、交通ルールや自動車の特性などについて知らない面が多く見られます。
ご高齢の方を見かけたら、特に注意してください。
  • ご高齢の方を見かけたら減速し、行動に注意して運転しましょう。
  • 夕暮れ時は早めにライトを点灯し、自分の車の存在を示しましょう。
  • 高齢者マークを表示した車に対する「割り込み」等危険な運転は違反ですのでやめましょう。
  • 自転車に乗るときは、安全な速度と間隔を保ち、ご高齢の方を保護しましょう。

ご高齢の方の事故防止に関する資料

▲ページ先頭へ戻る
暮らし安心手帳ホーム > 危ないよ交通事故