このページの本文へ移動
香川県警察
暮らし安心手帳ホーム > 安全・安心ライフ

安全・安心ライフ

万全ですか?住まいの防犯対策

周囲からの見通しをよくする(監視性の確保)

周囲から見通しのよい住まいをつくりましょう。見通しをよくしておくことは空き巣犯の侵入を防ぐ効果があります。

たとえば、

玄関
  • 道路等からの見通しを確保する。
  • 玄関だけでなく、勝手口、窓にも補助錠を取り付けて侵入するのに時間をかけさせ、侵入をあきらめさせるようにする。
  • ドアスコープやテレビ付インターホンなど来訪者の確認をできる設備にし、ドアチェーンやドアガードを付ける。
堀・さく・庭
  • 死角とならないようにし、犯罪者が潜める空間をなくす。
  • 堀、柵を越えられるような足場になるようなものを置かない。
  • 見通しが確保できない場合は防犯カメラを設置する。
  • 見通しを確保するため、植栽を刈り込んでおく。
掃き出し窓
  • ガラスやサッシなどを破壊や取り外しができない強いものにしておく。
2階以上の住まい
  • 2階だから大丈夫と思って窓などを開けっ放しや無施錠のままにしておかない。
  • バルコニーはプライバシーの確保、転落防止・構造上支障のない範囲で、周囲からの見通しが確保された構造のものとする。
  • 2階への侵入ルートなどに足場になるものを置いていないか確認する。
等々の対策があります。

住居者の帰属意識の向上、コミュニティ形成の促進を図る(領域性の強化)

住民が「自分のまちは自分で守る」という意識を持ち、強い地域コミュニティを築くことで、犯罪者が侵入しにくい環境をつくりましょう。

  • 近所の人とのあいさつやお祭り・イベントなどの地域交流を通じて、防犯意識の高い地域社会を形成していく。
  • 自治会や防災組織等様々な団体が連携して防犯パトロール隊を行う。

住まいの防犯グッズ

玄関・ドア・窓の防犯イラスト

玄関、ドアのチェックポイント

  • 補助錠
  • ドアチェーン
  • ドアスコープ
  • 本体・枠の強度
  • サムターン回し防止カバー

窓、ベランダのチェックポイント

  • 窓用補助錠
  • 防犯フィルム
  • 窓用防犯ブザー
防犯グッズイラスト

身を守る防犯グッズいろいろ

  • 防犯ブザー
  • ホイッスル
  • 防犯スプレー
  • 防犯ブザー付きGPS機能携帯電話

住まいの安心・安全の資料に関する資料

▲ページ先頭へ戻る
暮らし安心手帳ホーム > 安全・安心ライフ