このページの本文へ移動
香川県警察採用案内
採用案内ホーム > 採用試験 > 体力検査の種目ごとの得点基準

体力検査の種目ごとの得点基準

男性

種目/素点 0 10 20 30 40
反復横とび 36回以下 37~42回 43~48回 49~54回 55回以上
20mシャトルラン 31回以下 32~52回 53~73回 74~94回 95回以上
握力 35kg以下 36~42kg 43~49kg 50~55kg 56kg以上
腕立てふせ 14回以下 15~24回 25~33回 34~41回 42回以上
上体おこし 17回以下 18~21回 22~25回 26~29回 30回以上

女性

種目/素点 0 10 20 30 40
反復横とび 30回以下 31~35回 36~41回 42~46回 47回以上
20mシャトルラン 18回以下 19~32回 33~46回 47~61回 62回以上
握力 19kg以下 20~24kg 25~29kg 30~34kg 35kg以上
腕立てふせ 8回以下 9~17回 18~26回 27~35回 36回以上
上体おこし 9回以下 10~13回 14~17回 18~21回 22回以上

(注)

  1. 各種目の点数を合計した、200点満点で得点を決定します。
  2. 男女とも(注)2の加点を含む体力検査の得点(200点満点)が100点に達しない場合は、第1次試験は不合格となります。

体力検査実施方法

種目 体力検査実施方法
反復横とび 中央線から両側にそれぞれ120センチメートルの平行線を引き、中央線から左(右)側の線に触れるまでステップし、次に、反対方向にステップして中央線に戻り、更に反対側の線にステップし、再び中央線に戻るといった運動を20秒間繰返し、線を通過する回数を数える。この運動は2回(1回目と2回目の休憩は1分間とする。)行い、良い方の記録をとる。
20mシャトルラン 20m間隔に引かれた2本の平行線の一方に立ち、号令により20m先の線に向かって走行し、線に達すれば向きを変える。次の号令で、同様に繰り返し、線に到達した回数を計測する。また、走行をやめた場合、或いは次の号令で線まで到達できず、2回続けて線に到達できなかった場合は終了する。ただし、号令からの遅れが1回の場合、次の号令で線に到達しておれば、継続することができる。
握力 左右交互に2回ずつ計り、それぞれ良い方の記録をとり、平均する。
腕立て伏せ 両手を肩幅くらいで床につけ、腕は床に対して垂直に立て、頭、脊、腰、脚が一直線になるような姿勢をとる。腕の屈伸は2秒に1回の割合で号令をかけ、肘が90度以上曲げられ、胸又はあごが床にすれすれまで曲げる。
上体おこし 仰臥姿勢をとり、両手を軽く握り、両腕を胸の前で組む。両膝の角度を90度に保つ。補助者は、被測定者の両膝を押さえ、固定する。仰臥姿勢から上体を起こし、両肘と両大腿部がついたときに1回とし、再び開始時の姿勢に戻し(肩甲骨を床につける。)、30秒間続ける。ただし、両肘と両大腿部がついていない場合及び背中が床についていない場合は計測しない。

警察職員採用に関する質問・問い合わせ先

香川県警察本部人事課人事係

〒760-8579 香川県高松市番町四丁目1番10号
電話番号:087-833-0110
▲ページ先頭へ戻る