このページの本文へ移動
ホーム > 事件情報・情報提供のお願い > 特殊詐欺にご注意! > 特殊詐欺とは?

特殊詐欺とは?

特殊詐欺とは

被害者に電話をかけるなどして対面することなく信頼させ、指定した預貯金口座への振込みその他の方法により、不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪の総称であり、「振り込め詐欺」「振り込め詐欺以外」に分けられます。

特殊詐欺の種類

振り込め詐欺

オレオレ詐欺 息子や孫などになりすまし、会社でのトラブル、横領の補てん名目、借金返済名目などでお金を要求したり、警察官や弁護士等を名乗り、交通事故の示談金名目などでお金を要求し、預貯金口座に振り込ませるなどして、だまし取る詐欺
架空請求詐欺 有料サイトの利用料金、遅延料、訴訟関係費用などと、架空の事実を口実としてお金を請求する文書やメールを送付するなどして、お金を振り込ませたり、送付させるなどして、だまし取る詐欺
融資保証金詐欺 ダイレクトメール、FAX、電話等を利用して融資を誘い、申し込んできた者に対し、保証金等の名目で、お金を預貯金口座等に振り込ませるなどして、だまし取る詐欺
還付金等詐欺 自治体や税務署、年金事務所などの職員を名乗り、医療費や税金などの還付手続きがあるかのように装ってATMまで誘導し、ATMの操作を指示して、犯人の口座へお金を振り込ませ、だまし取る詐欺

振り込め詐欺以外

金融商品等
取引名目詐欺
架空であるか、ほとんど価値のない「外国通貨」や「有価証券」などのパンフレットを送りつけるなどして、これを購入すれば利益が得られるものと信じ込ませ、申込者に対して登録料や購入料名目でお金を振り込ませるなどして、だまし取る詐欺
ギャンブル必勝
情報提供名目詐欺
「パチンコ・パチスロ必勝法」や数字選択式宝くじロト6などの「当せん番号を教える」などと持ちかけ、登録料や情報提供料などの名目でお金を預貯金口座に振り込ませるなどして、だまし取る詐欺
異性との交際
あっせん名目詐欺
「女性紹介」や「高額バイト」などと異性との交際を持ちかけ、一度だけ異性と会わせたり、異性に関する虚偽の情報を提供するなどした上で、会員登録料や保証金などの名目でお金を振り込ませるなどして、だまし取る詐欺

被害を防止するには

オレオレ詐欺

① 電話で「オレだよ オレ」と言って息子や孫を装う手口

  • 突然、携帯電話の番号が変ったという連絡が入ったときは、確認すること。
  • 相手に家族の名前や住所を聞くなどして、本人かどうか確認すること。
  • 電話を切った後、必ず本人やその家族等と連絡を取り、事実を確認すること。
  • 事実が確認できないときは、振り込まないこと。

② 警察官、弁護士等をかたり、示談金名目の現金を要求する手口

  • 本人を電話口に出るよう要求し、本当に本人かどうか確認すること。
  • 急を要する示談金等というものはないので、直ぐに振り込まないこと。
  • 相手の所属する警察署や法律事務所を聞き、一旦電話を切ってかけ直すこと。その際は、相手から聞いた電話番号ではなく、NTT番号案内や電話帳で、警察署や法律事務所の電話番号を確認して行うこと。

架空請求詐欺

  • 利用した覚えがなければ現金を振り込まないこと。もし、請求の電話があっても、はっきり断ること。
  • 相手に連絡しないこと。
  • 相手に自分の氏名、住所を教えないこと。
  • 見覚えのない送信元からのメールに表示されているアドレスにはアクセスしないこと。
  • 念のため請求書類は、保管しておくこと。
  • 確認する場合は、NTT番号案内や電話帳で裁判所等の電話番号を調べて行うこと。

融資保証金詐欺

  • 保証金等を要求された場合は、すぐ振り込むことなく、最寄りの警察、消費生活センターなどに相談すること。
  • 正規の貸金業者では、保証金や借入金データの抹消など、いかなる名目であっても、融資を前提に現金を振り込ませることはないので注意すること。
  • 国の制度として、保障協会費を納めると借入金データが抹消され、融資を受けられるものはないので注意すること。
  • 実在する金融機関や貸金業者、あるいはその関係業者を装って融資を持ちかける、偽のダイレクトメール、折込広告、雑誌広告等を利用した融資保証金詐欺が多発しているので注意すること。

還付金等詐欺

  • 税務署や社会保険事務所、自治体等から、「還付金を振り込む。」等の連絡があれば、NTT番号案内や電話帳で電話番号を調べ、直接電話をかけて確認すること。
  • 税務署や社会保険事務所、自治体等が携帯電話等に連絡し、ATMの操作方法を指示することはないので注意すること。
  • ATMを操作してお金が振り込まれることは絶対ないので注意すること。