このページの本文へ移動
ホーム > 警察署だより > 高松東警察署

高松東警察署

所在地 木田郡三木町大字平木56番地4 高松東警察署の写真
電話番号 (087)898-0110
交通アクセス 琴電平木駅から徒歩約5分
車で高松自動車道高松東ICから約10分、さぬき三木ICから約10分
管轄区域 高松市のうち、池田町、小村町、亀田町、亀田南町、川島東町、川島本町、下田井町、菅沢町、十川西町、十川東町、西植田町、東植田町、東山崎町、前田西町、前田東町、元山町及び由良町
木田郡

大きな地図で見る
交番・駐在所等
前田駐在所 川島交番 植田駐在所
川添交番 神山駐在所 井戸駐在所
田中駐在所

お知らせ

セーフティナイトスクールの開催結果について

1 日時
  10月23日(日) 午前11時から午後0時までの間
2 場所
  高松市西植田コミュニティセンター
3 対象者
  西植田町内老人会  約50人
4 実施者
  高松市くらし安全安心課      2人
  交通企画課              1人
  高松東警察署交通課        2人
5 実施内容
  夜間における歩行・自転車利用中の高齢者の交通事故を防止するため、交通企画課及び高松市くらし安全安心課と連携し、「セーフティナイトスクール」を開催しました。会場内を暗幕で暗くしたうえで、反射材の有効性を確認するとともに、夜間の交通事故防止を呼び掛けました。また、参加者の靴・バッグ等に、反射材(シューシャイン)を直接貼付しました。
6 反響
  参加者からは、「反射材の効果が分かった。」、「いろんな種類の反射材があるので、家族で使いたい。」等の声があがりました。
  また、地域に密着した会場での開催のため、サンダル履き等の参加者も多く、「反射材が勿体ないから、家で運動靴に貼ります。」等とその場での直接貼付を遠慮される方も多くおられました。夜間に自宅直近で歩行中に交通事故で命を落とされる方が多いこと等、事故の概況を説明した上で、常に履いている靴への反射材貼付を呼び掛けたところ、参加者の意識付けに効果がありました。
7 実施状況

セーフティナイトスクール
開催状況
セーフティナイトスクール セーフティナイトスクール
一目瞭然 反射材の効果 光が命を守る!

中学生の職場体験学習の実施について

1 実施日時、参加者
  ・ 9月14日(水)午前9時から午後3時までの間 中学生5人
  ・ 9月16日(金)午前9時から午後3時までの間 中学生5人
2 実施場所
  高松東警察署内ほか
3 実施内容
  警察業務等の説明、 交番・パトカー・白バイの見学、 災害警備活動、災害時の対応要領の説明、 スーパーマーケットにおける万引き防止キャンペーン、 当署駐車場における交通安全啓発キャンペーン等
4 反響等
  中学生達は、装備や施設に強い興味を示し、各種体験を通じて働くことの大変さとやりがいを実感していた様でした。万引き防止及び交通安全啓発キャンペーンでは、買い物客やドライバーにキャンペーングッズを手渡し、交通や防犯に対する意識を高めていました。

職場体験学習の実施 職場体験学習の実施
白バイの走行訓練見学 鑑識活動実習

部外功労者に感謝状を贈呈

1月20日(水)、当署署長室にて、日頃から警察業務に献身的にご支援、ご協力を頂いている部外の方に、署長から感謝状と記念品が贈られました。

感謝状贈呈

高松東警察署長 坂東 正人

警察署協議会の開催状況

8月26日(金) 、当署において、平成28年度第2回警察署協議会が協議会委員4人出席のもと開催されました。協議会では、会長挨拶の後、署長及び各課長から管内の治安情勢について説明が行われた後、「少年非行の状況」、「交通死亡事故抑止対策及び警報発令時の対策」、「地域安全活動の推進状況」等について協議されました。