このページの本文へ移動
ホーム >  暮らしの安全 >  少年非行防止と立ち直り支援 > 非行少年を生まない社会づくり

非行少年を生まない社会づくり

最近の少年非行の背景には・・・

最近の少年非行の背景には・・・
  • 規範意識やコミュニケーション能力の低下
  • 家庭や地域の教育力の低下
  • 少年が感じている孤立感や疎外感
  • ネット等による有害情報の影響
  • 児童虐待等の影響

このような問題を解決するために、警察では社会全体で以下の活動を推進しています。

少年に手を差し伸べる立ち直り支援活動

~「待ち受け型」から「出前型」~

  • 周囲の環境や自身に問題を抱え非行に走りかねない少年に対して警察側から積極的に連絡をとります。
  • 保護者の同意が得られた場合には、電話や家庭訪問等により積極的な指導・助言を行います。

少年を見守る社会気運の醸成

~少年の規範意識向上・社会との絆の強化~

  • 社会全体として少年を厳しくも温かい目で見守る気運を高めていきます。
  • 小学4年生の児童や保護者を対象とした非行防止教室を実施しています。
  • 中学生の主体的な非行防止活動「かがわマナーアップリーダーズ活動」をバックアップしています。
  • 企業や関係団体の協力を得て行う非行防止・健全育成活動などを行います。