このページの本文へ移動
ホーム >  暮らしの安全 > 暴力団・薬物・拳銃対策 > 暴力団等でお困りの方は

暴力団等でお困りの方は

香川県暴力追放運動推進センター(暴追センター)からのお知らせ

暴力団対策法の施行に伴い、平成4年4月1日「(財)香川県暴力追放運動推進センター(通称:暴追センター)」が発足。暴力団員らによる不当な行為を始め、各種の相談に応じ、その解決に警察及び香川県弁護士会民暴対策委員会の協力を得て適切な指導・助言を行っています。

暴力団の相談の画像

事業内容

相談活動
専門家による相談活動 暴力団員らによる高利債権取立、寄付金その他金品の要求、交通事故の示談介入等の不当行為を始め、暴力団事務所の撤去などの幅広い暴力相談に応じ対応策や解決策を教示します。
弁護士による相談活動 毎月第2、第4火曜日(午後1時~午後4時、該当日が休日の場合は翌日の水曜日)には、民事介入暴力などの法律問題について香川県弁護士会民暴対策委員会の弁護士が適切に助言します。
その他の活動
責任者講習の実施 暴力団員による不当な要求の被害を防止するため、各事業所において選任された「不当要求防止責任者」に対し講習を行っています。(無料)
「不当要求防止責任者」の届出をすることにより、講習の1か月前に講習通知書を発送します。
《届出方法》⇒「責任者選任届出書」、「責任者講習受講歴調査表」に必要事項を記入し、事業所の所轄の警察署刑事課(高松北警察署の場合は刑事二課)に提出してください。
少年に対する暴力団の影響排除活動 少年に対する暴力団組織への加入阻止等、悪影響の排除活動も行います。
暴力団からの離脱援助 暴力団組織からの離脱希望者には、警察と連携して離脱のための支援を行うほか、県内、県外への就労相談や援助活動を行います。
暴力排除活動の支援 地域や各事業所に対し、暴力団などからの不法、不当な行為に対する対応、解決策などの情報の提供を行うほか、暴力排除組織の結成及び活動について幅広い支援をします。
給付金、見舞金制度
被害者救援貸付金制度 暴力団員等から受けた物的損害、民事賠償請求、事務所撤去訴訟等の費用を無利子で貸し付けます。
見舞金制度 暴力団員等から被害を受けた被害者に見舞金を支給します。

センターの利用の仕方

(相談無料、秘密厳守

暴追センターを利用しようとする方は、直接センターにお越しください。また、電話による相談も受けています。お気軽にご利用ください

指定暴力団員による不当要求行為を分析すると、おおむね次のようなケースがあげられます。

相談の日時

  • 月曜日~金曜日 午前9:00~午後5:00(祝祭日を除く。)
  • ※弁護士相談は毎月第2、第4火曜日午後1:00~午後4:00
  • (該当日が休日の場合は翌日の水曜日になります)

センターの所在地と連絡先

公益財団法人 香川県暴力追放運動推進センター(暴追センター)
高松市磨屋町5番地9 プラタ59ビル7階 (地図)

※駐車場は向かいの香川県建設会館駐車場をご利用ください。

連絡先
(087)837-8889
 はやくかけよう やくざ被害

FAX(087)823-2303