このページの本文へ移動
ホーム > 交通安全 > 香川県交通安全教育普及促進会議 > 普及促進会議等の取組み

香川県交通安全教育普及促進会議

(旧:香川県交通安全教育推進会議)

第5回香川県交通安全教育普及促進会議の開催結果について

  • ○ 「交通事故多発県からの脱却」と「交通マナーの向上」を図るため、第5回「香川県交通安全教育普及促進会議」を開催
  • ○ 平成25年中の交通安全教育への新たな取組について県警察及び関係機関から報告
  • ○ ヤマト運輸株式会社香川主管支店安全指導長を招き、「ヤマト運輸の安全への取り組みについて」と題する基調講演を開催
  • ○ 香川大学名誉教授井原健雄委員長、各評価専門委員からの講評を得て、県内における交通安全教育の普及促進のあり方を検討

1 会議日時

平成25年8月5日(月)午後1時30分から午後3時30分までの間

2 会議場所

県警察本部6階 大会議室

3 出席者(43人)

  1. 評価専門委員(5人)
    • 香川大学名誉教授    井原 健雄氏
    • 高松大学教授       正岡 年朗氏
    • 岡山大学大学院教授   呉  景龍氏
    • JAF MATE編集長     鳥塚 俊洋氏
    • 高松短期大学准教授   髙塚 順子氏
  2. 参画機関・団体(27機関・団体)
    • 香川県
      広聴広報課、くらし安全安心課、長寿社会対策課、子育て支援課
    • 香川県教育委員会事務局
      義務教育課、高校教育課、保健体育課、生涯学習・文化財課
    • 国土交通省四国運輸局香川運輸支局
    • 国土交通省四国地方整備局香川河川国道事務所
    • 高松市交通安全対策室
    • 一般財団法人香川県交通安全協会
    • 香川県安全運転管理連絡協議会
    • 公益財団法人香川県老人クラブ連合会
    • 一般社団法人香川経済同友会
    • 一般社団法人香川県指定自動車学校協会
    • 香川県自転車軽自動車商協同組合
    • 香川県サイクリング協会
    • 一般社団法人日本自動車連盟香川支部
    • 一般社団法人日本損害保険協会四国支部
    • 一般社団法人日本自動車販売協会連合会香川県支部
    • 独立行政法人自動車事故対策機構高松主管支所
    • 報道機関
      RNC西日本放送
      KSB瀬戸内海放送
      NHK高松放送局
  3. 警察
    交通部長、交通部参事官等
  

4 会議内容


  (1)報告事項
    ア 県下の交通事故発生状況について
    イ 平成25年中の安全教育進捗状況について
      ・ 交通安全教育車「まなぶちゃん」の導入(9月6日から活動開始予定)
      ・ 自転車運転免許証制度の施行実施
    ウ 道路交通法の一部改正について
    エ 他機関・団体の取組報告について
      ・ 高齢者交通安全対策の取組み(公益財団法人香川県老人クラブ)
      ・ ディサービスセンター等における交通安全教室の実施等
                            (県健康福祉部長寿社会対策課)
  (2)協議事項
     平成24年度の交通安全教育教材の紹介及び平成25年度の交通安全教育教材の制作について

5 講演

演題「ヤマト運輸の安全への取り組みについて」
     ヤマト運輸株式会社香川主管支店安全指導長

6 評価専門委員による講評(抜粋)

  • ・ 反射材は夜間の事故防止に有効であるが、定着・普及が進まない。理由の一つに格好が悪いという意見があるので、アパレル業界等とコラボレーションして、皆が格好良く、着用したいと思えるものを製品化するなどの工夫が必要である。
    ・ ドライブレコーダーの映像は、インパクトがあり交通安全教育に有効であることから、動画教材等に積極的に活用するべきである。
    ・ 自転車の交通安全教育は中学までに定着させておくことが理想である。
    ・ ヤマト運輸の基本理念「安全第一、営業第二」に感銘。安全に対する取組や管理体制を他にも広めて欲しい。
    ・ 交通安全への取組は、単独で行うものではなく、県民が一体となり行うものであり、交通とは直接関係のない業界や団体を巻込んだ取組が必要である。

←もどる