このページの本文へ移動
ホーム > 交通安全 > 交通安全教育普及促進会議 > 普及促進会議のご紹介 > 香川県交通安全教育普及促進会議設置要綱

香川県交通安全教育普及促進会議

(旧:香川県交通安全教育推進会議)

香川県交通安全教育普及促進会議設置要綱

(設置趣旨)

第1条

交通事故の減少と交通マナーの向上を目指し、香川県における体系的な交通安全教育の推進及び交通安全教育のより一層の普及促進を図るため、香川県交通安全教育普及促会議(以下「普及促進会議」という。)を設置する。


(所掌事務)

第2条

普及促進会議の所掌事務は、次のとおりとする。

  1. 交通安全教育主体間の連携、事業の推進及び交通安全教育の普及促進に関すること。
  2. 成人及び若者等四輪運転者、高齢者及び自転車利用者に対する交通安全教育の更なる活性化に関すること。
  3. 交通安全教育に関する調査研究、情報収集及び発信に関すること。

(組織)

第3条

普及促進会議は、別表に掲げる学識経験者等から構成する評価専門委員会及び交通安全教育の実施、普及促進に関る機関・団体の代表者を委員として構成する。

なお、普及促進会議構成員以外にアクション・プログラムに関連する者の参加をオブザーバーとして求めるものとする。

(会議)

第4条

普及促進会議は、評価専門委員会委員長が招集し、議長となる。

(評価専門委員会の所掌事務)

第5条

評価専門委員会の所掌事務は、次のとおりとする。

  1. 交通安全教育主体及び県下各市町における交通安全教育に対する評価
  2. 交通安全教育の推進及び普及促進に関する情報収集やアイディアの提供等

(ワーキンググループ)

第6条

第2条に掲げる事務を専門的、技術的に処理するため、普及促進会議にワーキンググループを置く。

(庶務)

第7条

普及促進会議及び評価専門委員会の庶務は、香川県警察本部交通部交通企画課において行う。

 

2 ワーキンググループの庶務は、グループ参加者によって決定するものとする。

(雑則)

第8条

この要綱に定めるもののほか、普及促進会議の運営に関し必要な事項は別に定める。

附則

この要綱は、平成26年4月1日から平成29年3月31日までとする。