このページの本文へ移動
ホーム > 交通安全 > 交通安全教育普及促進会議 > 普及促進会議のご紹介 >  香川県交通安全教育普及促進会議の設置趣旨

香川県交通安全教育普及促進会議

(旧:香川県交通安全教育推進会議)

香川県交通安全教育普及促進会議の設置趣旨

「交通死亡事故多発県からの脱却」及び「他県に誇れる交通マナーの向上」を目指し、香川県における体系的な交通安全教育を効果的に推進するための取り組みとして、平成14年には、
「香川県交通安全普及促進会議」(以下「普及促進会議」という。)の前身となる「香川県交通安全教育推進会議」(以下「推進会議」という。)を設置し、

  • 1. 各交通安全教育主体の取組みについて、各種の協力・援助
  • 2.「危険の予測と回避」、「他の交通参加者への注意や配慮」トレーニング教材の作成
  • 3.交通安全教育に関する調査研究、情報の収集及び提供

を行ってきました。


更に推進会議の中に、各交通安全教育主体の取組みを評価することを目的として調査研究に関わった学識経験者等からなる「評価専門委員会」を設置し、

  • 1.「交通安全教育評価基準」の確立と各教育主体の取組みに対する評価
  • 2.交通安全教育の推進に関する情報の収集やアイディアの提供等

を行い、本県における交通安全教育の推進体制を整備しました。


平成23年度以降は、交通事故の減少と交通マナーの向上を目指し、香川県における体系的な交通安全教育の推進及び交通安全教育のより一層の普及促進を図るため、普及促会議を設置し、

  • 1.交通安全教育主体間の連携、事業の推進及び交通安全教育の普及促進に関すること。
  • 2.成人及び若者等四輪運転者、高齢者及び自転車利用者に対する交通安全教育の更なる活性化に関すること。
  • 3.交通安全教育に関する調査研究、情報収集及び発信に関すること。

を行うこととしています。