このページの本文へ移動
ホーム > 交通安全 > 交通安全教育普及促進会議 > 普及促進会議のご紹介

香川県交通安全教育普及促進会議

(旧:香川県交通安全教育推進会議)

普及促進会議のご紹介


香川県交通安全教育推進会議(以下「推進会議」という。)は、「交通死亡事故多発県からの脱却」と「交通マナーの向上」を目標に、民学官の交通関係機関・団体が連携し、体系的な交通安全教育の調査・研究を行い独自の交通安全教育用動画教材の開発などを行っていますが、この度、その業績が認められ、第29回国際交通安全学会賞(業績部門)を受賞し、4月18日に経団連会館において贈呈式が行われました。

1国際交通安全学会賞

国際交通安全学会賞は、(財)国際交通安全学会が、交通とその安全に関する研究や活動に対して褒賞を贈呈することにより、理想的な交通社会の実現に寄与することを目的として1974年に制定されています。

同賞は、業績部門、著作部門、論文部門の3部門からなり、褒賞委員会で厳正なる審査・選考を行い決定されます。

 

2 贈呈式開催年月日

平成20年4月18日(金)

 

3 贈呈式開催場所

東京都千代田区 経団連会館・国際会議場

4 贈呈式出席者等

  • 出席者
     推進会議評価専門委員会委員長
       北九州市立大学大学院教授 井原 健雄
     推進会議評価専門委員会委員
       高松大学経営学部教授   正岡 利朗
     推進会議事務局
  • その他
     推進会議を代表して井原健雄教授等が国際交通安全学会賞の贈呈を受けたほか、正岡利朗教授が推進会議の業績紹介を行いました。
国際交通安全学会賞 表彰状及び賞牌の写真

国際交通安全学会賞 表彰状及び賞牌