このページの本文へ移動
香川県警察
けんけいこまちホーム > けんけい指南の護身術

けんけい指南の護身術

いざというとき身を守る、心構え

犯罪被害に遭わないために、日頃から心構えと護身術を身につけておきましょう。

防犯を考えた行動や気配り

「やめてください」
毅然とした態度ではっきりと拒否の姿勢を示す。
「たすけて」
大声を出して周囲に危険を知らせる。
持っている物を投げつけ、ハイヒールなど走りにくい履物の場合は、裸足で逃げる。
身の危険が迫ったときには、あらゆることを犠牲にしてでも自分の身体を守ることに専念する。
すぐに110番通報を
相手の特徴、逃げた方向や手段などを覚えておく。携帯電話などを利用して、できるだけ早く110番通報をする。
通報は、早ければ早いほど効果的で、時間が経つと、犯人は遠くに逃げてしまい、証拠も少なくなることになります。

声をかけられたら

車からの声かけ
  • 車の中に引き込まれないように離れたところに立つ。
  • ドアが開いて相手が降りてきたら、すぐ逃げる。
  • 車のナンバー、色、型等を覚えておく。
自転車に乗っているときに声かけされたら
  • 自転車から降り、自転車を相手との間にはさんで対応する。
    (乗ったままだと、自転車ごと倒されてしまい危険です。)
  • 襲われそうになったときは、自転車を相手側に倒して逃げる。

けんけい指南の護身術

護身術とは、自分が暴漢と戦うためのものではく、相手をひるませ、そのスキをついて逃げる、大声をあげて助けを求めるなど、暴漢から逃れるためのものです。

相手の急所を知る

  • 顔面→両目の間
  • みぞおち→胃や肝臓のある場所にショックを与える
  • 金的→男性の急所
  • 足のすね→弁慶の泣き所

護身術

護身術のポイント

やるときは躊躇せず、思いっきり行いましょう。中途半端だと相手を逆上させてよけいに危険です。相手が怯んだら、大声で助けを求め、その場から逃げましょう。

護身術1
相手が両手をつかんできた場合

① 両手をつかまれたら

② 両手を組んで相手の親指の方に引き上げる

③ 後ろに下がり脇をしめる

④ 両手を身体に引き寄せる





護身術2
後ろから抱きつかれた場合

① 後ろから抱きつかれたら

② みぞおちに肘鉄

③ 足の甲を踏む

④ 手にかみつく

⑤ 後頭部で頭突きする

などの方法があります。





護身術3
相手が後ろから肩を抱いてきた場合

① 顔の位置を確認

② 鼻をめがけて拳で叩く





護身術4
身の回りの物を使用した防御方法

① かばんで叩く

② 傘を開いて防御

▲ページ先頭へ戻る
けんけいこまちホーム > けんけい指南の護身術