このページの本文へ移動
香川県警察
けんけいこまちホーム > 住まいの防犯対策

住まいの防犯対策

Self Defense

自分で身を守る意識と技術を身につけること、常に被害にあわないよう警戒心をもつことが、防犯の一歩。安心な毎日を過ごすための、住まい選びのポイントや自宅での防犯対策をお教えします。

  • 在宅中でも必ず鍵をかけて。玄関も、窓やベランダも、鍵は2つ以上あると侵入されにくくなります。
  • 2階以上の住まいでも必ず施錠しましょう。侵入者は、雨どいや隣家、屋上や足場を伝って侵入してきます。
  • 訪問者に対しては、必ずインターホンやドアスコープ等で相手を確認後、ドアチェーンをつけたまま対応しましょう。
  • 帰宅が遅くなる場合は、部屋などの明かりをつけたまま外出しましょう。
  • 女性のひとり暮らしを他人から悟られないよう、カモフラージュしましょう。

女性のひとり暮らしなら、アパート選びにも防犯意識を持って

アパートやマンション、家を選ぶときは、通学・通勤に便利な場所や、家賃などの条件で部屋を決める人がほとんどです。

でもこんなポイントもチェックして!!

アパートのイメージ

アパート、家を探すときにチェック

  • 国土交通大臣や県知事の登録・許可番号を持っている不動産業者を選ぶ。
  • 女性のひとり暮らし向けの物件を扱っている不動産業者を選ぶ。
  • 朝晩の人通りが多く、街灯があり、敷地や周りがきれいなところを選ぶ。
  • 道路からの見通し、周囲に木がしげったりしてないか、エントランスやベランダの明るさや見通しを確認する。
  • 玄関ドアにドアスコープやチェーン錠がついているかを確認する。特にテレビ付きドアホンがあればベストです。

玄関や窓、出入り口の防犯対策

犯罪者を入口で、撃退!玄関や窓の防犯対策

玄関・ドア・窓の防犯イラスト

玄関ドアのチェックポイント

  • 補助錠
  • ドアチェーン
  • ドアスコープ
  • 本体・枠の強度
  • サムターン回し防止カバー

窓、ベランダのチェックポイント

  • 窓用補助錠
  • 防犯フィルム
  • 窓用防犯ブザー

室内、室外の防犯対策

女性のひとり暮らしを悟らせないような気遣いと、音や光で侵入者を撃退!

インテリアイメージ

室内対策

  • カーテンは地味目で外から見えないよう遮光のカーテンを使う。
  • 窓際に、ぬいぐるみなど、女性らしいものを置かない。
  • 下着類はベランダ等外に干さない。
  • 男物の靴を玄関に置いたり、男物の洗濯物を干す。
エクステリアイメージ

室外対策

  • 表札を出す場合は名字(姓)だけを記載したものにする。
  • センサーライト・センサーブザーを設置する。
  • タイマーを使って部屋の灯りやラジオをセットする。
  • エントランスやベランダを明るくしておく。

侵入者対策

  • 侵入された場合に備えて、ベランダや窓から、外へ逃げられるようにルートを確保しておく。
▲ページ先頭へ戻る
けんけいこまちホーム > 住まいの防犯対策