このページの本文へ移動
ホーム > 県警について > 香川県警察の紹介 > 刑事警察

刑事警察

悪と不正を憎み、社会正義を守る刑事警察

犯罪の被害者は、被害の早期回復と犯人の検挙、そして処罰を求めます。また、周辺の人々も事件の続発に不安を持ち、一日も早い事件の解決を望んでいます。

社会悪に決然と立ち向かう「刑事警察」。正義感に支えられたその行動は、地道な聞き込みや張り込み、緻密な鑑識活動などから始まります。そうして確実に捜査網を狭め、犯人を逮捕・検挙し、犯人検挙後は、取調べや裏付け捜査などにより真相を究明し、事件を解決していきます。殺人、放火等の凶悪犯罪、贈収賄事件や選挙違反事件等の知能犯罪、暴力団に係る犯罪など、凶悪化・巧妙化・広域化する事件に、捜査員・鑑識課員・研究員が一丸となって立ち向かいます。

刑事警察の業務

  • 薬物・銃器対策

    薬物・拳銃の密輸・密売事件等の摘発のほか、乱用者・不正所持者を検挙します。

  • 暴力団対策

    暴力団犯罪の取締り、検挙、その他関係機関と連携して暴力団を排除する活動を行っています。

  • 鑑識

    現場に残された指紋や足こん跡等を地道に採取し、鑑定します。

県民の平穏で安全な生活の確保を目指し、昼夜の別なく活動する機動捜査隊

機動捜査隊は、車両やバイクを活用し、犯罪の検挙や未然防止、その他の捜査活動を行っています。凶悪事件や広域的な重要事件に対応するため、24時間常に警戒態勢をとっており、事件が発生するといち早く現場に急行し、初動的な捜査活動によって犯人を検挙することを主な任務としています。機動捜査隊は、県民の生命、財産を守るため、深夜の警戒や聞き込み等、昼夜の別なく活動しています。

香川県警察の鑑識活動

最近の犯罪は、ますます複雑・巧妙、スピード化し、犯人の特定や犯罪の立証を科学的に行う鑑識の役割は大きくなっています。このような情勢に対応するため、県警察では最新の科学技術と機材を導入して、鑑識活動の強化を図っています。

機動鑑識班

事件発生とともに犯罪現場に急行し、犯人が残したわずかな物も見逃すことないよう、専門的知識・技能を備えた機動鑑識班が24時間体制で活動し、事件解決に大きな効果をあげています。

犯罪現場の保存活動

犯罪現場は捜査活動の原点であり、事件を解決するための多くの資料があります。

そのため、現場周辺を立入禁止にして現場保存するため、付近の住民の皆さんに不便をおかけすることがありますが、ご理解とご協力をお願いします。

県民の皆さんへのお願い Q&A

Q1:泥棒に入られました。室内が荒らされています。散らかっているので掃除してから警察に届けようと思っています。
A1:掃除や整理をせず、警察に届けてください。犯罪現場には、犯人に結びつく指紋や足跡などが残っていることが多くあります。犯人が歩いたり、触ったと思われる場所には近寄らず、そのままにして届けてください。
Q2:被害者から指紋も採るそうですが。
A1:協力者指紋のことです。犯罪現場などから、犯人が残したと思われる指紋を採取しています。しかし、その場所には犯人以外の被害者や家族の方の指紋も残っています。そこで、犯人の指紋と被害者などその場に出入りした方の指紋を選別するため、その方達の指紋を採取させてもらっています。採取した指紋(協力者指紋)は、選別が終了後、焼却等により廃棄処分しています。

警察犬の紹介

警察犬の活動

香川県警察では、直轄警察犬3頭と嘱託警察犬19頭が犯人の追跡や行方不明者の捜索などに活躍しています。

◆ 犯罪現場から犯人の臭いを追跡して遺留品などを発見します。

◆ 県民の安全・安心を守るため、昼夜を問わず出動しています。

◆ 地域の犯罪予防や危険防止を呼びかけ、県下各地でパトロールしています。


  • 交通安全パトロール

  • 海浜パトロール

◆ 毎年9月頃、訓練テーマを設けて合同訓練会を開催しています。


  • 団体服従訓練

  • 臭気選別訓練

  • 足跡追及訓練

  • 捜索訓練

警察犬の訓練のビデオをご覧いただけます。

香川県警察犬競技大会

◆ 毎年11月頃、嘱託警察犬を選考する競技会を開催しています。


  • 足跡追及競技

  • 臭気選別競技

年頭視閲式

◆ 年頭の視閲式では警察犬が勢揃いして行進します。

嘱託警察犬委嘱式

◆ 競技結果から嘱託警察犬を選考し、毎年1月に委嘱します。


  • 委嘱式の状況

  • 嘱託書とメダルの交付