さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

あんもち雑煮

あんもち雑煮

伝承されてきた背景

 甘みの少ない時代、正月にいただくあんもち雑煮は何よりのごちそうでした。このとき使う白みそは、秋の取り入れがすむとすぐに、蒸した大豆に米こうじを多くして、塩分ひかえて仕込み、1〜2か月熟成させた物を使います。この白みそは、わけぎあえなど、いろいろな使い方ができ、昔は冬場の調味料として重宝されていました。

主な伝承地域

 高松、坂出、丸亀を中心とした平野部

伝承一口メモ

 具は地域によっていろいろで、里いも、ごぼう、油あげを取り合わせたり、椀に盛った際、花かつおや青ねぎを散らす地域もある。
 家族仲良く円満でありますようにとの願いを込めて、野菜は輪切りにするといわれている。正月のお雑煮にあんもちを使うのは、全国的にも珍しく、讃岐ならではの味である。

料理レシピ

■材料(5人分)
丸もち(あん入り) 5個
金時にんじん(3〜5cmの太さ) 80g
白みそ 100〜130g
煮干しのだし汁 5カップ(もちの量により加減する)
青のり 少々
大根(3〜5cmの太さ) 50g
豆腐 1/3丁
■作り方
  • 大根、金時にんじんは3mm位の輪切りにする。
  • 煮干しでだしを取り、(1)を入れて煮る。
  • 野菜が煮えたらもちを入れ、少し柔らかくなったら、白みそを汁で伸ばして入れる。
  • 3cm角の1cmの厚さに切った豆腐を入れて一煮立ちする。
  • 椀に盛り、さっとあぶった青のりをふる。