さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

にくてん焼き

にくてん焼き

伝承されてきた背景

 地域によって具を変えて「かあら焼き」「ほっぽら焼き」という呼び名で食べられていたようです。むかしの子供のおやつとして食べられていたようですが、ぺったんこの元祖お好み焼きとでもいったところでしょうか。素朴な味わいです。

主な伝承地域

 香川県全域

伝承一口メモ

 出来立てのアツアツをいただくのがおいしい。中の具はかつおぶしやたまねぎなど好みで工夫して食べて欲しい。
 名前の由来は、露天で肉を入れて焼いていたことからきたらしい。戦後の食糧難で、肉から、地域の素材であるいりこに変わったようだ。
 また、「かあら焼き」の名は、昔、素焼きの豆炒りがあら(ほうろく)で、焼いたことに由来するようです。

料理レシピ

■材料(4人分)
小麦粉(中力粉) 100g 煮干し(いりこ) 約20匹
1個 濃口しょうゆ 少々
150cc 少々
ねぎのみじん切り 大さじ8
■作り方
  • 水と卵で小麦粉を練る。
  • 熱したフライパンに油を引き、(1)の生地をしゃもじの底で薄く(直径約10cm位に)広げる。
  • 生乾きの生地にねぎと煮干しを振りかける。
  • しょうゆをさっと回し入れ、さらに生地をかけて軽く両面を焼く。