さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

ちゃぼの葉だんご

ちゃぼの葉だんご

伝承されてきた背景

 昭和30年代頃まで、田植え時のおやつとして、また、お盆のお供えとして作っていました。「ちゃぼ」とは、サルトリイバラ(俗称:サンキライ、しば)のことで、小豆島の内海町苗羽地区では、このように呼びます。  

主な伝承地域

 小豆島及び香川県全域(呼び名は異なる)

伝承一口メモ

 かしわの葉の代わりにちゃぼの葉を使う。サルトリイバラは、ユリ科のつる性落葉低木で、茎にとげがある。とげにさるがひっかかることから、この名がついたといわれている。
 葉は円形、基部に巻きひげがある。葉は、6〜9月に茂り、西日本一帯で、もちを包む時に使われている。

料理レシピ

■材料(10個分)
小麦粉(中力粉または薄力粉) 100g
団子の粉 60g
熱湯 250cc
砂糖 小さじ1/2
少々
あん 200g
ちゃぼの葉 20g
(ない時は、葉らん、ささ、とうもろこしの葉などを使う)
■作り方
  • 小麦粉と団子の粉を合わせる。
  • 熱湯に砂糖、塩を入れて溶かす。
  • (2)を(1)に少しずつ入れて混ぜ合わす。混ぜ合わしたものを木綿布に包み、よくもみ合わす。(生地が熱いので布を使う)
  • (3)を10個に分ける。(1個約40g位になる)
    この時、手に水をつけすぎると、団子が固くなるので注意する。
  • (4)の皮にあんを入れ、2枚のちゃぼの葉ではさむ。
  • 蒸し器に(5)を入れ、湯気が上がってから3分位蒸すと出来上がり。