さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

ふしめん

ふしめん

伝承されてきた背景

  小豆島のそうめんは、現在、寒製11月〜3月、別製4〜10月までに製造されますが、寒製は「島の光」と登録商標がつけられ、“日本一おいしい”そうめんと、東京、大阪、九州、四国地方で人気を博しています。その寒製そうめんを製造した時にできる端の部分「ふし」を有効に利用した料理で、手軽なお吸物として作られています。

主な伝承地域

 小豆島全域(おみやげ売場で袋入りで販売されている)

伝承一口メモ

 お吸物として、ごはんといっしょに食べるが、ごはんの量が少ないときはふしめんの量を多くして調節する。
 夏は冷やしたふしめんに、薄味のだしをたっぷりかけて、だしといっしょに食べるとたいへんおいしい。
 おすすめできる現代風の食べ方として、グラタン、野菜いため、サラダなどにも利用できる。

料理レシピ

■材料(4人分)
そうめんのふし 60g だし汁(煮干し) 60cc
油あげ 1/5枚 薄口しょうゆ 20cc
ねぎ 適量
■作り方
  • ふしをそうめんをゆでる要領でゆでておく。
  • だし汁に薄口しょうゆを入れ、かけ汁を作る。その中に油あげを細めに切り、ひと沸かしする。
  • (1)を(2)に入れて温め、器に盛りつける。上から刻みねぎをふる。