さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

どじょう汁

どじょう汁

伝承されてきた背景

 6月頃、田植え前の川ざらいや、田植えが終わると川やため池からすくってきたどじょうと、野菜、太めのうどんを大鍋で煮て作ります。
 どじょうは、産卵期前の6月〜7月にかけてが一番おいしいといわれており、その時期、集落のいろいろな共同作業や寄り合いごとに、男衆が、うどんも打って料理したものを、みんなで食べ、親睦を図っていました。
 今のうなぎのように、夏ばて防止の料理としても親しまれていました。

主な伝承地域

 東讃地域と中讃の一部

伝承一口メモ

 なすはどじょうと同じ位の大きさに切る。
 ごぼうは細いささがきにして最後に入れると香りがよい。

料理レシピ

■材料(20杯分)
どじょう 1kg 里いも 20個
ごぼう 2本 長ねぎ 5本
油あげ 5枚 3合
中みそ 1kg なす 10個
200g 打ち込み用うどん 20玉
薬味 少々
(しょうゆ、細ねぎ、唐辛子、にんにく、みょうが、好みで)
■作り方
  • 大根、にんじんは短冊切りにする。油あげは油抜きをして短冊切りにする。
  • ねぎは3〜4cmの長さに切り、豆腐は7mm厚さ位の角切り(2cm角位)にする。
  • 煮だし汁を煮立て、大根、にんじん、油あげを入れ、少し煮てから豆腐を加え、次にしょうゆを入れ、味をふくませる。最後にねぎを入れて火を止める。
  • うどん玉を温めて器に入れ、(3)をかける。
  • 春菊など、青味のものを散らしてもよい。