さぬき味の歳時記 香川県農政水産部 讃岐の食 地産地消

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

しっぽくうどん

しっぽくうどん

伝承されてきた背景

 しっぽくうどんは、吹く風が冷たくなりはじめる、秋口から冬にかけてのうどんの食べ方で、讃岐の冬の代表的な郷土料理です。数種類の季節の野菜を、汁とともに煮込む方法で、ゆでたうどんの上から共に煮た野菜をかけたものです。年末には年越しそばの代わりに食べる家庭もあります。

主な伝承地域

 東讃地域と中讃の一部

伝承一口メモ

 里いもを入れたりして、具を工夫するとよい。
 最近は、こくを出すために、鶏肉や豚肉を入れることもある。

料理レシピ

■材料(4人分)
うどん 4玉 油あげ 1枚半
大根 300g ねぎ 5本
にんじん 150g しょうゆ(薄口) 60cc
豆腐 1/2丁 だし汁(煮干し) 5カップ
(好みでこんぶ、かつお節等でとってもよい)
■作り方
  • 大根、にんじんは短冊切りにする。油あげは油抜きをして短冊切りにする。
  • ねぎは3〜4cmの長さに切り、豆腐は7mm厚さ位の角切り(2cm角位)にする。
  • 煮だし汁を煮立て、大根、にんじん、油あげを入れ、少し煮てから豆腐を加え、次にしょうゆを入れ、味をふくませる。最後にねぎを入れて火を止める。
  • うどん玉を温めて器に入れ、(3)をかける。
  • 春菊など、青味のものを散らしてもよい。